人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

<   2016年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

青森より

弘前へ向かう途中、新青森で在来線へ乗り換えました。

新幹線よりゆったりと外の景色を眺められます。

今年初めて青森に伺っています、日本の冬らしいけしき!

列車お好きな方がいらしたら、と記念に一枚。

青森より_a0103940_14055093.jpg
それでは、弘前に行って参ります。
青森より_a0103940_14105310.jpg
日本の車窓より。本日は、青森編でした。

by chekere | 2016-01-23 13:58 | | Trackback | Comments(0)

春がくるとき

とある花屋さんが経営するカフェに入ると、その日その店舗だけ来店者にチューリップをプレゼントしていました。

春がくるとき_a0103940_01202438.jpg
春、という名前のチューリップがある事を知って驚きました。

何より、その一輪を通じたやり取りに春を感じて温かい気持ちになったので書き留めます。

人様から頂く気遣いにいつも以上に助けられ、思い遣りが印象に残る季節です。

どうぞ、佳い週末を。

by chekere | 2016-01-23 01:17 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)

冬に温まるスープ、いろいろありますがカリブ海生まれのキューバ料理にも体の芯から温まるスープがあります。

中目黒や祐天寺で唯一、しかも月に一度その《幻のスープ》を味わえる日があります。

一方でがっつり食べたい人にもオススメのメニューも充実。

写真は、《ピカディージョ》というひき肉の煮込んだかけご飯です。
温まる!祐天寺・限定キューバ・スープ_a0103940_16482594.jpg
当日限定でアコースティックなキューバ音楽をライブでお愉しみ頂けます。

いつも遠方よりお越し下さるお客様がいらっしゃるので、少し早めのお知らせ迄。

⚫️2/6(土)「祐天寺キューバ・ナイト」at 東京・祐天寺エフ・ジェイズ!

http://www.fjs-cafe-live.com/


2500円+order

19:00 オープン

20:00 スタート

出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
mUcho ギター&ボーカル
Makoto ボーカル&マイナー・パーカッション

大人気!キューバの家庭料理スープ《アヒアコ》今月も登場!

滋養たっぷり、身体だけでなく心も温まりますよ!

お問い合わせ・ご予約 03-3760-2825 エフ・ジェイズ(FJ'S)
東京都目黒区中目黒5丁目1−20(駒沢通り沿い)

恵比寿駅西口より東急バス用賀駅行き(恵32)
洗足駅行(渋71)「けこぼ坂上」下車1分
中目黒駅より徒歩12分
祐天寺駅より徒歩11分


温まる!祐天寺・限定キューバ・スープ_a0103940_16462944.jpg

こんな鉄の鍋でしっかりと煮込んだ滋養たっぷりスープ。

温まる!祐天寺・限定キューバ・スープ_a0103940_20551668.jpg

毎回スタッフ手作り。美味しいので僕もとても楽しみです。



by chekere | 2016-01-22 12:23 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

青森つながり

どうぞ、佳い週末をお過ごし下さい。

僕は、今週末はまず土曜日に青森県弘前市へ伺います。

東京でも滅多に見る事のできないキューバ音楽の特別編成3ユニットとダンスパフォーマンス、そしてキューバのカクテル《モヒート》やそのほか美味しい料理とのコラボレーションイベント。

見逃すとこの顔合わせでは二度とないかもしれませんので是非本日までの前売りチケットでお得に楽しんで下さい。
青森つながり_a0103940_16143604.jpg
⚫️1/23(土)「Sabor de mi Cuba」キューバ・ミュージック・フェスティバル in 弘前 at 青森・弘前スペース・デネガ!

前売りチケット 5000円(1ドリンク付き)
当日チケット 5500円(1ドリンク付き)

今回は3つの種類のキューバ音楽を楽しんでもらおうと思い、国内外で活躍する3つグループが演奏してくれます!

その3つの音楽とは...
Son - ソン , Trova - トローバ , Bolero - ボレロ などのトラディショナル音楽

Rumba - ルンバ , Palo - パロ , などのアフロキューバン音楽

Salsa - サルサ , Afro Cuban Jazz - アフロキューバンジャズ などのポピュラー音楽

当日は一夜のライブでキューバのトラディショナルから、アフロ、ポピュラー音楽までお楽しみ頂けます。


<チケットご予約について>
チケットをご希望の方は、以下をご確認のうえ、お問い合せフォームまたは、sabor.de.mi.cuba@gmail.com 、Facebookメッセンジャー等へ必要事項を記入のうえお問い合せください。

<メールにてお問い合せされる方・必要事項>
・お名前、住所、チケット購入枚数

 お問い合せメールを受け取った時点では仮予約となりますので、返信メールに記載のお振り込み先にチケット代金をお振り込み頂き、振り込みを確認後チケットを発送させて頂きます。

チケット料金
・前売りチケット:5000円(1ドリンク付き)
・当日チケット :5500円(1ドリンク付き)

利用可能な決済方法
<銀行振り込み>
青森銀行
みちのく銀行
ゆうちょ銀行
お振り込みの際は、チケット代金 5000円 + 振り込み手数料 となります。

利用可能な取引方法
<配送でのお届け>
・お問い合せフォームまたはメールに記載されたお届け先に配送いたしますいたします。

会場;スペース・デネガ
青森県弘前市上瓦ヶ町11-2

青森つながり_a0103940_16121528.jpg
このイベントへ繋がるご縁は、数年前に町田ミ・サルサというお店で青森のダンス好きなかずき君に知り合ったこともひとつあります。ミ・サルサのオーナーご夫妻サニーさんとマドンナさんへ感謝申し上げます。

そして、もうひとつは、トロンボーン奏者として熱帯JAZZ楽団ほか日本全国で活躍される西田幹さんのご結婚式で一曲歌わせて頂いた事もあります。

その後数年前になりますが、西田さんの奥様のご実家青森で西田幹さんのグループへボーカルとして招いて頂き公演に伺ったこと。

本当に、有難い幸せな経験をさせて頂きました。

その当時のメンバーで東京でも公演してみましょう、というのが2/5(金)東京大久保で決まった特別ステージ。

前売りがお得です。こちらも次回があるか分かりません。

メンバー皆さんが超多忙を極める先輩方ばかりだからです。

音とも人とも一期一会、とにかくお見逃がしなく。
青森つながり_a0103940_05203483.jpg
⚫️2/5(金)西田 幹サロンコンサート・シリーズ17meets the salsa「Kan Nishida & Grupo Caliente de La Salsa」at 東京大久保スペースDO(ドゥ)!


前売 3500円
当日 4000円

※日本トロンボーン協会会員 前売・当日共に3000円(会員証の提示を宜しくお願い致します。)

18:30 オープン
19:30 開演

出演者;
西田 幹 バス・トロンボーン(bass trombone)
佐々木 史郎 トランペット(trumpet)
加塩 人嗣 アルトサックス&フルート(alto sax&flute)
仲田 美穂 ピアノ(piano)
芹澤 薫樹 ベース(bass)
大野 孝 ドラム(drums)
石川 武 コンガ(congas)
神田 リョウ ティンバレス(timbales)
Makoto ボーカル(vocal)

お問い合わせ 03-3361-2211 管楽器専門店ダグ
メール beebrass.in.japan@gmail.com

会場 大久保スペースDO
JR山手線「新大久保」駅徒歩3分
管楽器専門店ダグ地下一階

協力・協賛 管楽器専門店ダグ/スペースDO
青森つながり_a0103940_05211994.jpg

by chekere | 2016-01-22 05:23 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

水曜日は広尾へご来場有難うございました。

ひと月前にグランドオープンしたばかりのキューバ料理レストランでの夜は、新年らしく温かく盛り上がりました。

日本各地はもちろん、アルゼンチン、マレーシア、ブラジルなど世界に広がるルーツをもつお客様がスペイン語に堪能という国際色溢れる客席とのやり取りも愉しいひと時。

(続)キューバのおやつ、ライスプディング_a0103940_04382261.jpg
キューバ人ネイティブ・スタッフの作るモヒートや家庭料理は、浜松町店舗の時より一層美味しくなったと昨夜も大好評。
(続)キューバのおやつ、ライスプディング_a0103940_04401292.jpg

シンプルな事実ですが、美味しい料理は一口で幸せな気持ちになりますね。

音楽もそうありたいといつも願います。

僕の隣で鳴り響くムーチョさんのギターは、それを昨晩も体現されていました。

本当に素晴らしいギターです。
三月のキューバでの国際音楽祭も、彼の奏でる音楽と一緒させて頂けることを心から光栄に思います。

新しい広尾店では、音響スタッフも入って照明もあるのでステージが今まで以上に雰囲気あります。

あくまでレストランではありますが、いろいろなタイプのキューバレストランに伺う中で音楽にもかなり想いを向けて下さっているのを感じます。

ありがたいことです。

次回はお蔭様で2/10(水)に決まりました。

演奏は夜8時から、
ミュージックチャージはリーズナブルな2500円。
他に一品オーダーお願いしております。

お席をご予約されたい方は、お店へお電話頂ければスタッフが承ります。ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

2/10水曜日用のご予約・お問い合わせ 03-3444-2525 広尾カフェ・ラ・ビーダ

⚫️2/10(水)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 東京・広尾カフェ・ラ・ビーダ!
https://www.facebook.com/cafelavidatokyo/?fref=ts (facebookページ)

2500円+オーダー

20:00〜

出演:ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones

日本人デュオながら二人共15年連続15度キューバへ招聘公演を行い国際音楽祭で特別功労賞受賞。

現地のネイティブからも確かな支持を得て、その活動はキューバ共和国大使館後援。
リズミカルで楽しい音楽はもちろん、都会にあってカリブ海を感じるゆったりと美しい旋律も魅力。
この三月には16度目のキューバ招聘公演決定。

mUcho(ムーチョ) ギター&ボーカル
Makoto (マコト)ボーカル&マイナーパーカッション

ご予約・お問い合わせ 03-3444-2525 カフェ・ラ・ビーダ
東京と渋谷区広尾5-2-26 M2広尾ビルB1F


余談ながら、キューバのスイーツの話を少し。

広尾では、キューバのスイーツのうち自家製プリンを楽しめます。

(続)キューバのおやつ、ライスプディング_a0103940_04434782.jpg
現地では「フラン(flan)」と呼ばれるこのキューバプリンは濃厚で食べ応えもあります。

一方、ライスプディングもお店の一推しデザート。

(続)キューバのおやつ、ライスプディング_a0103940_04533774.jpg
現地での呼び名は「アロス・コン・レチェ(arroz con leche)」

口の中に広がる絶妙な甘み、添えたミントが香ります。
きっとエスプレッソコーヒーがよく似合うでしょう。

今から来月が待ち遠しいです。

by chekere | 2016-01-21 04:32 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

キューバでは日常のスイーツになる果物グァバ。

そのまま食べても美味しいですし、煮てジャムにする事もあれば、更に煮て日本でいうようかんのようにして売られています。

街角で、物売りの声を上げながら片手に銀のお盆を載せています。
キューバのおやつ、グァバのようかん_a0103940_1071290.jpg
スーパーでは、観光客のお土産用にも、こんな風にパッケージにして販売されています。

キューバのおやつ、グァバのようかん_a0103940_15323464.jpg
器をよく見ると、下にはマンゴーの写真が見えます。

そうです、キューバにはマンゴーも豊富ですから、マンゴーのようかんもあるのです。

参考までに、このグァバのようかんはとても甘酸っぱいので、チーズと一緒に食べると塩味を甘酸っぱさが口の中で混じり合ってとてもいい塩梅です。


石油製品のとにかく不足しがちなキューバでは、こうして上手にケースを使うのだなあ、とスイーツとは関係ないところで妙に感心してしまいました。

アメリカ合衆国と国交が回復すると、こうした器と中身の違うこともずさんな仕事だと製造元が怒られる時代になるのかな、とも思います。

価値観は、よって立つ場所の違いでいくつもあるのですね。


キューバのおやつ、グァバのようかん_a0103940_7164927.jpg
最後は、なんということはないキューバの街角のクラシックカーを一枚。






第2回プラチナブロガーコンテスト



by chekere | 2016-01-20 15:10 | キューバ | Trackback | Comments(0)

雪を愉しむなら温かい飲み物。

日本でなら甘酒でしょうか。

僕がキューバで知ったのは、ホットチョコレート。

常夏キューバのホットチョコレート_a0103940_23284538.jpg


キューバの首都ハバナの中でも、ユネスコの世界遺産に指定登録される旧市街にチョコレート博物館があり、その中に併設されたカフェで飲むことができます。
常夏キューバのホットチョコレート_a0103940_23563879.jpg

これを知ると、冬がとても楽しくなります。

日本で飲めるキューバ料理のお店は、広尾のカフェ・ラ・ビーダしか知りません。

しかも。メニューに載っていないのです。運が良ければ、飲めるということでしょうか。

この水曜日は、こんな「裏メニュー」とも呼べる愉しみを是非味わいにいらしてください。

もちろん、ここでしか食べられないネイティブ・シェフの作る美味しい晩御飯もお楽しみに。

*1/20(水)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 東京・広尾カフェ・ラ・ビーダ!
https://www.facebook.com/cafelavidatokyo/?fref=ts (facebookページ)

2500円+オーダー

20:00〜

出演:ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones

日本人デュオながら二人共15年連続15度キューバへ招聘公演を行い国際音楽祭で特別功労賞受賞。

現地のネイティブからも確かな支持を得て、その活動はキューバ共和国大使館後援。
リズミカルで楽しい音楽はもちろん、都会にあってカリブ海を感じるゆったりと美しい旋律も魅力。
この三月には16度目のキューバ招聘公演決定。

mUcho ギター&ボーカル
Makoto ボーカル&マイナーパーカッション

ご予約・お問い合わせ 03-3444-2525 カフェ・ラ・ビーダ
東京と渋谷区広尾5-2-26 M2広尾ビルB1F
常夏キューバのホットチョコレート_a0103940_051295.jpg

by chekere | 2016-01-18 23:40 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

雪だるま

昼間にやんだものの、東京にきちんと雪が降り積もったのはこの冬初めて。

表をゆく人や車はシャクシャク言いながら進んでいきます。

日陰は明日まで残りそうです。

家々の、雪だるま。

あしたは溶けてしまうのでしょう、

雪だるま_a0103940_21333752.jpg
雪かきも、わずかですが今年初めてしました。

週末の弘前、函館公演への心構えが少しだけできた気がします。



by chekere | 2016-01-18 21:28 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)

キューバへの電話

東京も雪予報ではありますが、あまり積もらずにご出勤・ご通学そのほかお出かけの際に影響出ませんように。

この時期、時差を考えて深夜にキューバへ電話することがあります。

東京では深夜でも地球の裏側ではお昼前。
「ブエノス・ディアス!(おはようございます!)」と受話器越しに話しかけます。

三月のキューバ公演へ向けての準備もあるのですが、受話器の向こうが20度超えている常夏の国なことを明るいスペイン語の響きから感じて羨ましくなります。

キューバへの電話_a0103940_05325053.jpg
でもキューバ音楽、更には美味しいキューバごはんもお酒も日本で楽しめるようになっていて旅気分を味わうにはもってこいです。

今週は東京では一公演のみ、週末は北へ、青森、北海道へと伺います。

各会場でお目にかかれることを楽しみにしています。
キューバへの電話_a0103940_03543811.jpg


*1/20(水)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 東京・広尾カフェ・ラ・ビーダ!
https://www.facebook.com/cafelavidatokyo/?fref=ts (facebookページ)

2500円+オーダー

20:00〜

出演:ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones

日本人デュオながら二人共15年連続15度キューバへ招聘公演を行い国際音楽祭で特別功労賞受賞。
現地のネイティブからも確かな支持を得て、その活動はキューバ共和国大使館後援。
リズミカルで楽しい音楽はもちろん、都会にあってカリブ海を感じるゆったりと美しい旋律も魅力。
この三月には16度目のキューバ招聘公演決定。

mUcho ギター&ボーカル
Makoto ボーカル&マイナーパーカッション

ご予約・お問い合わせ 03-3444-2525 カフェ・ラ・ビーダ
東京と渋谷区広尾5-2-26 M2広尾ビルB1F


キューバへの電話_a0103940_03002675.jpg
キューバへの電話_a0103940_16143604.jpg

⚫️1/23(土)「Sabor de mi Cuba」キューバ・ミュージック・フェスティバル in 弘前 at 青森・弘前スペース・デネガ!

前売りチケット 5000円(1ドリンク付き)
当日チケット 5500円(1ドリンク付き)

今回は3つの種類のキューバ音楽を楽しんでもらおうと思い、国内外で活躍する3つグループが演奏してくれます!

その3つの音楽とは...
Son - ソン , Trova - トローバ , Bolero - ボレロ などのトラディショナル音楽

Rumba - ルンバ , Palo - パロ , などのアフロキューバン音楽

Salsa - サルサ , Afro Cuban Jazz - アフロキューバンジャズ などのポピュラー音楽

当日は一夜のライブでキューバのトラディショナルから、アフロ、ポピュラー音楽までお楽しみ頂けます。


<チケットご予約について>
チケットをご希望の方は、以下をご確認のうえ、お問い合せフォームまたは、sabor.de.mi.cuba@gmail.com 、Facebookメッセンジャー等へ必要事項を記入のうえお問い合せください。

<メールにてお問い合せされる方・必要事項>
・お名前、住所、チケット購入枚数

 お問い合せメールを受け取った時点では仮予約となりますので、返信メールに記載のお振り込み先にチケット代金をお振り込み頂き、振り込みを確認後チケットを発送させて頂きます。

チケット料金
・前売りチケット:5000円(1ドリンク付き)
・当日チケット :5500円(1ドリンク付き)

利用可能な決済方法
<銀行振り込み>
青森銀行
みちのく銀行
ゆうちょ銀行
お振り込みの際は、チケット代金 5000円 + 振り込み手数料 となります。

利用可能な取引方法
<配送でのお届け>
・お問い合せフォームまたはメールに記載されたお届け先に配送いたしますいたします。

会場;スペース・デネガ
青森県弘前市上瓦ヶ町11-2
キューバへの電話_a0103940_16121528.jpg

⚫️1/24(日)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 北海道函館市カフェマルセン!
https://www.facebook.com/events/751477468290822/ (フェイスブックのイベントページ)

3000円(ミュージックチャージ)
ほかにドリンクを別途ご注文下さい。

18:30〜

出演;
1)バンダ・カスターナ(函館)

2)ドス・ソネス・デ・コラソネス(東京)

会場;カフェマルセン
北海道函館市大手町5−10 ニチロビル1F
キューバへの電話_a0103940_16153461.jpg

by chekere | 2016-01-18 02:07 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

ボデギータのランチ

昼間のボデギータに来ました。

ボデギータのランチ_a0103940_18055847.jpg


ランチメニューが飛ぶように出て行きます。


ボデギータのランチ_a0103940_13161506.jpg

お昼からワインのボトルも空いていきます。

幸せそうな笑顔。
(掲載許可頂きました。)
ボデギータのランチ_a0103940_14092219.jpg

では、歌ってきます、と書きかけたら始まってあっと言う間に終わっていました。

東京、神奈川、埼玉など近郊はもちろん、茨城、山梨、愛知、岡山など各地から駆けつけて下さって感激しました。

一方で、まとまったお席を用意差し上げられない為にお断りしなくてはならないという事もありました。ご興味持って下さったのに、大変申し訳ありませんでした。

ボデギータ関係者皆様、お世話になりました。

まどろみランチライブ、本当に有意義で幸せな時間でした。

さくらさんの高校の恩師や同級生、そして先輩がご家族でおみえになり旧交を温め、僕も高校や音楽の先輩後輩に盛り上げて頂きました。

また三人でボデギータへ伺いたいです。

さくらさんの笑顔と音楽はいつもみんなを明るくしてくれます。今日もコンガ、ボーカルにトレスと大活躍。

ムーチョさんのギターはますます艶を帯び、燻し銀のボーカルと共に聴く者の胸へ響きます。

次回下北沢へは、2/24(水)キューバ公演の近付くムーチョさんとのアコースティックデュオで伺います。

僕自身の誕生日前日、大変恐縮ではありますが感謝を込めて音楽をたっぷりお届けします。

ゆったり召し上がって頂きたく、30名様限定になります。

ご予約は、03-5432-9785 ボデギータまで。

お目にかかれること楽しみにしております。

⚫️2/24(水)アコースティック・キューバ音楽の夕べ「ドス・ソネス・デ・コラソネス⭐️マコト誕生日前夜祭特別編」at 下北沢ボデギータ!(30名様限定)

2500+order

20:00

出演:ドス・ソネス・デ・コラソネス(Dos Sones de Corazones)

mUcho ギター&ボーカル

Makoto ボーカル&マイナー・パーカッション

お問い合わせ・ご予約 電話:03-5432-9785

住所:世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1 

by chekere | 2016-01-16 13:12 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)