人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

<   2012年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

フェスティバル三日目。
3/17(土)夜、ギターリストmucho氏とのデュオでとあるコンサートにゲスト出演しました。

話が少し逸れますが、ツイッターやmixi、更にはフェイスブックで随分このブログをシェアして下さる方が増えています。「いいね!」ももちろん、温かい気持ちに心から感謝します。

初めてこのブログをご覧下さる方に書くと、
僕はいま、キューバからブログを更新していて、
ギターを中心にした弾き語り音楽「トローバ/TROVA」の国際音楽祭に参加中です。

場所はキューバの東の端にある中心都市サンティアゴ・デ・クーバ。

トローバは、ギター一本で愛を語り、日常の風景を幾重にも読み込む歌詞が好評で何世紀にも渡って愛される音楽です。

世界中で愛されるラテン・ダンス音楽「サルサ」のルーツ・ミュージック「ソン」の更にルーツを辿るとこのトローバに辿り着きます。

ブラジル音楽を好きな方は、ブラジルにも同じスタイルがあるのをご存知だと思います。

国際音楽祭とはいえ、日本ではまだまだ知られていないフェスティバル。
聴けば涙しそうな美しい旋律の数々は、きっと気に入って下さる方が多いはず。

そんな想いから、自分が好きなことと合わせてこのブログで少しでもリアルタイムに現地の雰囲気をお伝えできればと考えて日記を更新しています。

さて、17日は午前中にカサ・デ・ラ・トローバで演奏しました。
その演奏前に、夜のコンサート会場‘サラ・ドローレス’へリハに出かけました。

ゲストに呼んでくれたのは、セプテート・エコス・デル・ティボリ。
キューバを代表する作曲家ミゲル・マタモロス氏の楽曲を専門に演奏するバンドとして1992年に結成されたのだそうです。
写真アップしました!フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・5〜_a0103940_22582621.jpg

今年はグループの20周年を記念するコンサートがあり、
是非参加して欲しいと依頼を受け、日本にいる時からやりとりしていました。

心底嬉しかったですし、これまでメンバーとも共演したことがあったので
二つ返事で引き受けました。

リハ会場には、他にもゲストとして迎えられて様々な音楽家が集まっていました。
写真アップしました!フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・5〜_a0103940_2333144.jpg

ルンバチーム、グルーポ・ココジェ。
ダンサーもいて素晴らしい演奏を盛り上げます。

その後には子供達のグループがソンを演奏します。
写真アップしました!フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・5〜_a0103940_2381256.jpg

若い世代が現地でも伝統を受け継いで次々と育っています。
こういうステージを見ると、10人に1人が音楽家というお国柄を感じます。

そして、僕達の他にサンティアゴが世界に誇るレキント奏者;アレハンドロ・アルメナーレス氏やディーバというクワルテートの女性コーラス・グループ、更には混成合唱団もゲスト出演すると知りました。

午前のリハーサルを抜けて開演直前のゲネプロを終えるのもあっという間なら、
本番が終わるのもあっという間。

会場に祝いに駆けつけた観客の温かい拍手を聴いて、
エコス・デル・ティボリは20年を越えますます活躍するグループであることを改めて感じました。
by chekere | 2012-03-21 04:07 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

フェスティバル三日目にあたる3/17(土)のことを少し書きます。

ギターリストmucho氏とのデュオでステージに上る初日。

会場は現地の音楽の殿堂、カサ・デ・ラ・トローバの一階「サロン・デ・ラ・トローバ」でした。

ここ最近ずっとお土産物屋だったスペースを改築し作られた最新の会場です。
でも雰囲気はというと、旧きよき時代に想いを馳せた‘最も旧い’たたずまい。

こんな空間をあっという間に作ってしまうサンティアゴ・デ・クーバ。
やはり伝統という言葉の持つ重みや深みを意識させられます。

自然、年齢層でいえば高い方に入る演奏家皆さんに人気のある音楽スポットになっていますが、僕達も大のお気に入り。
何しろ生演奏でその場の全てがインスピレーションの源になるのですから、演奏する側には堪えられません。

壁にはこれまでカサ・デ・ラ・トローバで演奏し名を馳せたキューバ音楽史上の巨匠の肖像画や写真がびっしりと張られていて、荘厳さすら感じられるステージ。

僕達は朝11時から13時の間の最も早い時間に演奏させてもらいました。

それでもキューバの朝は早くて、
暑い陽射しの中早速お客さんがどんどんいらっしゃいます。

道路に面していること、入り口でエントランスがとられないことなど
旧きよきトローバ(音楽)の在り方をそのまま反映していて大盛況。
フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・4〜_a0103940_113554.jpg


日本からも沢山の方が見に駆けつけて下さって嬉しかった!

温かい応援メッセージも本当にありがとうございました。

実は、この日もう一つステージがありました。

それは、また後で書きますね。

今日も佳い一日を。
by chekere | 2012-03-20 11:09 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

フェスティバル2日目のことをもう少しだけ書留めます。

16日にギターリストmucho氏が到着しました。
彼は僕達の音楽祭招聘をきっかけに組まれたツアーに参加下さった皆さんと一緒に移動してくれたのでこの日の午後にサンティアゴ入りしました。

皆さん無事で、興奮と期待で少々寝不足でも非常に元気。
本当によかった。

muchoさんとその場で公演スケジュールについて手短に打ち合わせを済ませ、
一行はバスで宿に向かいます。
それを見送ってから僕はテレビの収録に一人移動しました。

場所は歴史的建造物になっているモンカダ兵舎脇にあるテレビ局。
テレ・トゥルキーノといいます。

ここでも、まずスタッフに皆さんに話したところ快く最高の笑顔を下さいました。
フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・3〜_a0103940_3503791.jpg

こちらも「ハポン!」(日本のみんなへ!)と叫んでくれています。
「Musicalisimo」(ムシカリシモ)という番組の制作スタッフです。

初年度から訪玖する僕へのインタビューに携わってきた顔見知りもいて助かったのですが、
収録と聞いていたら生放送でした。
フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・3〜_a0103940_3563973.jpg


それで驚いていたら、有無を言わさずリハが進み、楽屋に入り本番を迎えました。
更に驚いたのは、途中もの凄いスコールで落雷と共に生放送中に停電したこと。

突然スタジオ内が真っ暗になりながらも、
観客もスタッフもそれなりに慌てながらもどこかのんびり。
なるようになるさという鷹揚さに土地柄を感じました。

でも、誰一人決して諦めない。
そこに僕自身はいつも感動と勇気をもらいます。

さて、番組終了後サンティアゴの美人アナウンサー二人にも素敵な笑顔を頂きました。
フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・3〜_a0103940_414860.jpg

マリアさん、レティシアさんありがとう!(写真と共にお名前出す許可も頂きました。)

番組は地方局ながら、地元でご覧になった方も多くてトローバという音楽を日本でも好んで聴く方が増えていることを伝えられて本当に良かったと思います。

音楽祭の実行員の粋なはからいに感謝して、次のスケジュールの会場へ移動しました。
フェスティバルは、まだまだ続きます。
by chekere | 2012-03-19 04:07 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

今回は、なんとか写真を載せられそうです。

サンティアゴ・デ・クーバについて2日目、
フェスティバル初日が無事終わり街を移動する間に知人・友人に声をかけられます。

10年超という歳月を経て、少なからず顔見知りが増えました。

例えばこの笑顔の二人。
フェスティバル通信2012〜サンティアゴ・デ・クーバより・2〜_a0103940_3265095.jpg

向かって左はエドゥアルド・ソーサ氏。
トローバ国際音楽祭の実行委員長です。

いっぽう右側はペペ・オルダス氏。
来日公演も果たしているキューバのヌエバ・トローバの巨匠です。

二人共ハバナからフェスティバル期間だけ公演すべくサンティアゴに滞在し、
ハード・スケジュールを消化していました。

僕の中で、今回旅する時に決めていた小さな小さなプロジェクト、
「スマイル・フォー・ジャパン」に気持ちよく賛同してくれました。

賛同してくれた方の写真を撮る時、スペイン語で
「パラ・ハポン!」(日本へ!)と叫びます。

忙しい事を一歳理由にせず、とびきりの笑顔を下さるお一人お一人に心から感謝し、
フェスティバルを過ごしています。
by chekere | 2012-03-19 03:31 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

遅れに遅れた更新をお詫びします。

15日の木曜日からキューバ第2の文化都市、
サンティアゴ・デ・クーバで国際音楽祭が始まっています。

現地は30℃を越える真夏日。

でも、熱い陽射しにも関わらずサンティアゴの人は元気に街へ出かけます。

そして文字通り、街角という街角に生の音楽が響いています。

これからステージなので限られた時間で書けば、

初日は街の中心にあるセスペデス公園に設置された野外ステージで開会コンサート、
同時に街の至る所にある音楽スポットでも午前中からステージが展開されました。

僕は、ギターリストmuchoさんの到着前にまずカサ・デ・ラ・トローバ一階のメイン・ステージでファミリア・バレラ・ミランダと共演させて頂きました。

親子三代に渡り数百年に渡りソンやトローバといった音楽を支える、
地元でも指折りの名門バンド。

日本の先輩方のご縁を分けて頂いた形で、
僕のソロアルバムでも共演頂いています。

若い世代に代替わりしようとしていますが、
お父さんフェリックス氏がバンドのシンボル。
素晴らしい演奏で会場を沸かせるのでした。

彼らの音に包まれて演奏できるのは、光栄かつ至福の一時です。

今回の国際音楽祭は、
キューバで最も旧い音楽祭であることを再確認する素晴らしい演奏家達の演奏が目白押しです。

国際的に注目度の低くても、その内容は本当に素晴らしい。
僕の拙い言葉で少しでも伝えられるよう更新に努めます。

データの読み込みが極度に遅いので今回は取急ぎ文字だけの更新になりますが、
ハバナからもブエナ・フェ、ラウル・トーレス、パンチョ・アマット、マルタ・カンポス、ペペ・オルダスなどトローバやヌエバ・トローバにとどまらずキューバ音楽を支える立役者が顔を揃えます。

2日目にはmuchoさんとツアー参加者皆さんも無事到着。
盛り上がるフェスティバルの雰囲気を身体いっぱい浴びて3日目の演奏に備えます。
by chekere | 2012-03-18 07:42 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

Smile for Japan,from Cuba 3

I am in Santiago de Cuba,Cuba.

it is very hot!Hotter than La Habana!


Tonight,local time on march 15th in the morning,starts the cuban music´trova international´ festival´Pepe Sanchez´.

Last night,in the Cespedez park the exective members were doing sound check with the musicians.

So cool!

And they gave us their best smiles.
Smile for Japan,from Cuba 3_a0103940_23315728.jpg

Animo,Japon!!
by chekere | 2012-03-15 23:36 | Trackback | Comments(0)

Smile for Japan,from Cuba 2

I am just moving to Santiago de Cuba,from Habana.

Yesterday I visited my friends.

Smile for Japan,from Cuba 2_a0103940_22353433.jpg

Mr.Frank 'El matador'Orepesa.

He is one of the most important bongo player in Cuba,as a member of 'legendary' cuban traditional music group:Septeto Nacional 'Ignacio Pin~eiro'.

Just before their tour to Panama,and Colombia with Andy Montan~ez,he gave us his best slime with his brief message;Animo Japon!

Smile for Japan,from Cuba 2_a0103940_22423361.jpg


And then I talked wit Mr.Eliades Ochoa,known as the lead vocalist and the guitarist of Buena Vista Social Club.

He gave us his best smile with his wife Grisel,and his neighborfood Mr.Juan Morales,known as one of the most famous Olympic medalists in Cuba.
by chekere | 2012-03-14 22:53 | キューバ | Trackback | Comments(0)

三ノ輪ソルトウキョウにて初ライブが決定しました。

美味しいラテン料理とライブで、
最高のラテンナイトを満喫しませんか?

ミュージックチャージ:1500円1ドリンク
オープン:18:00

1ステージ:19:00
2ステージ:21:30

a message from Sol Tokyo
12月20日開店したばかりの新しいラテンダイニングバー。
SOL TOKYO では、中南米、スペイン料理をご用意しております。
是非、この機会にお試しください。
ライブの当日は、混雑が予想されますのでお席の
ご予約をお勧めいたします。


Live;「ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones」
メンバー;mucho g & vo/Makoto vo & perc.

ダンス音楽「サルサ」のルーツで、キューバに生まれたトローバやソンを演奏する日本人デュオ。ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのエリアデス・オチョア氏に10年連続招聘、現地の国際音楽祭で公演。キューバ国民からも確かな支持を得る。2012年には12度目の招聘決定。2005年小野リサCD「Romance Latino vol.3」制作、全国ツアー参加、ゴールド・ディスク受賞記念演奏参加(NHK)。


SOL TOKYO MINOWA
台東区根岸 5-18-14
日比谷線 三ノ輪駅 2番出口から右に歩いて徒歩20秒
03-6802-3114
info@sol-tokyo.com
http://www.sol-tokyo.com/
お席のご予約は
お電話もしくはメールにて承ります。
混雑の場合は、ご予約の順番にご案内いたします
4/1(SUN)三ノ輪ラテンナイト at MINOWA SOL TOKYO_a0103940_3431019.jpg

by chekere | 2012-03-14 22:28 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

Smile for Japan,from Cuba

I am just in Ciudad de La Habana,Cuba.

When I was walking along the street, they gave their smiles for Japan.

Smile for Japan,from Cuba_a0103940_3254411.jpg


Smiles,and smiles.

Smile for Japan,from Cuba_a0103940_3214828.jpg


Tomorrow I will move to Santiago de Cuba.
by chekere | 2012-03-14 03:29 | キューバ | Trackback | Comments(2)

地上一万メートルの月

地上一万メートルの月_a0103940_60885.jpg

キューバへ向かう機内です。

日付変更線を越え、アラスカ上空で外がうっすら明るくなると月が見えました。

隣合わせたカナダの若者は東北で英語を教えていて被災しました。海外から見た日本の話しに12時間は瞬く間に過ぎます。

キューバでも沢山の交流が待っています。できる限り話してこようと決めてます。

では、いってきます。
by chekere | 2012-03-13 06:00 | キューバ | Trackback | Comments(4)