人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

カテゴリ:旅( 205 )

羊蹄山の傘雲

土曜日のニセコでいつも以上に天候に恵まれた午後。

羊蹄山の傘雲 _a0103940_08322166.jpeg
羊蹄山の傘雲を目にしました。

お祭りでの色々な事は、また改めてリポートします。

今日も、佳い一日を。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
by chekere | 2018-08-20 08:30 | | Trackback | Comments(2)

函館のさくら

先週訪れた函館で、「あと一週間で桜が満開です。」と会う人会う人に言われました。

函館のさくら_a0103940_14550875.jpeg
確かに街の中には咲いている気配はなくて残念だな、と思っていたら、坂の上の甘味処に惹かれて近づくと軒先に桜が咲き始めていました。
函館のさくら_a0103940_15075176.jpeg

思わず立ち止まり、少しの間眺めました。

函館のさくら_a0103940_15085388.jpeg
勿論、今週末に満開の時期を迎えるのでしょうが見られただけで満足です。

思いがけず、同じ年に二度も花見をできる眼福の旅でした。

by chekere | 2018-04-29 14:50 | | Trackback | Comments(0)

トロントより

ハバナの日々は瞬く間に過ぎて、あっという間に帰国途中カナダでトランジット中です。

トロントより_a0103940_02251372.jpeg
ハバナの街に金曜の朝が来る前に離陸したので、窓からゆっくり日の昇るのを眺めながら移動していました。

そろそろ羽田行きに乗ります。

帰国直後、3/25日曜日には表参道プラッサオンゼ公演があります。

また改めて案内差し上げますが、お店へのご予約は03-3405-8015、夕方6時以降繋がります。

プラッサオンゼ公式ホームページはhttp://www.praca11.net/



by chekere | 2018-03-24 02:04 | | Trackback | Comments(0)

大掃除と断捨離

「整理と整頓は違う」と改めて理解したこの頃。

整理下手ながら一生懸命捨てようとあせる中で古いパンフレットを見つけました。
大掃除と断捨離_a0103940_15191419.jpeg
学生時代の夏、アイルランドに留学していた時にダブリンから旅してFEILE92に参加したのは生まれて初めての野外フェス体験だったかもしれません。
大掃除と断捨離_a0103940_15235875.jpeg
シンプリーレッドやブライアンアダムスなど今から考えるとすごいステージを見たのだけれど、アイルランド出身のクリスティームーア氏のステージが印象的でした。

EXTREMEも良かったな。

それにしても、野外フェスはステージに近づくほど危なくて、揺れているうちに人の群れの下敷きになると起き上がれないのも目の前で見て実感しました。
大掃除と断捨離_a0103940_15281905.jpeg
でもステージに陶酔して周り見てなさそうな人だらけなのに、誰かがそうして押し潰されそうになるとどこからともなく手がにょきにょき伸びてきてみんなで助け上げる助け合いが自然に行われて命懸けなのにやけに一体感があったのも覚えています。

何もかも初めてで、フェス開催地サーレスという街の事はあまり覚えていないのですが、90年代のヨーロッパの雰囲気を肌で感じた数少ない経験をパンフレットから思い起こしたのでした。

う、いけない時間が過ぎていく。

どうやら、この回想が後ろ向きで物を捨てられない事の典型的なデメリットらしいですね。

2018年ももっと前へ進みたいので断捨離がんばります。

よりスッキリと、シンプルに過ごしたいと願い精進します。





第2回プラチナブロガーコンテスト



by chekere | 2017-12-29 15:16 | | Trackback | Comments(0)

水曜日夜、佐賀県有田町の演奏会場は、宿泊施設に隣接するイベントスペースでした。

ケラミック有田のキューバナイト_a0103940_17024595.jpg
お客様からお花を頂きました、ありがとうございます。

ケラミック有田のキューバナイト_a0103940_17042041.jpg
ギャラリーとしても使われるイベントスペースはケラミック有田といい、オランダ人女性ハネカさんがオーナーになって二年目の今年にオープンしたとのこと。

有田焼きはもちろん様々なアーティストの作品を展示してある芸術的な空間で和やかに演奏は進みました。

本編終了後も誰も帰ろうとせず、自然にアンコールを続け、それを終えてもまだ帰らない皆さんと名残惜しく一枚記念に撮って頂きました。
ケラミック有田のキューバナイト_a0103940_17262837.jpg
カフェシエスタ松尾さんの呼びかけでご協力下さいました関係者皆さん、ありがとうございました。

ケラミック有田のキューバナイト_a0103940_09453554.jpg

皆さんとにかく帰ろうとせず、ずっと楽しそうにおしゃべりしていました。

楽しんで頂けたのなら幸いです。

また是非皆さんに会いに伺いたいです。

by chekere | 2017-11-24 09:48 | | Trackback | Comments(0)

有田焼きの茶碗まつり

水曜日は佐賀県有田町へご来場ありがとうございました。

有田焼きの茶碗まつり_a0103940_01105587.jpg
午後に有田陶磁の里プラザ内での演奏は雨模様の中、それは心温まる拍手に包まれて幸せなひと時でした。
有田焼きの茶碗まつり_a0103940_01142861.jpg
途中テレビの生放送も入り、幼稚園児から大人まで仲良く和気藹々と過ごしたのでした。

スタッフ、関係者皆さんお世話になりました。

有田焼きの茶碗まつり_a0103940_01153393.jpg
今回演奏会を企画し呼んで下さったMさんの佐賀のお店、カフェ・シエスタへ夜の演奏会場へ搬入した後でほんの少しだけ伺いました。

店内には有田焼きのランプシェードが置かれ本当に素敵でした。

有田焼きの茶碗まつり_a0103940_08051180.jpg

こちらへもまたぜひ伺いたいです。

by chekere | 2017-11-23 01:08 | | Trackback | Comments(0)

9月に旅した大阪から岡山へ向かう途中、神戸にあるメキシカン・ダイニングへ行きました。

湊川公園の手作りハンバーガー_a0103940_00032526.jpg
出迎えてくれたのは、スタンダードプードルのドゥービーと

湊川公園の手作りハンバーガー_a0103940_23531535.jpg

オーナーちあきさん。

この方のカリスマは笑顔に溢れています。

人が好きで、お店での出会いをとことん大切にされる方。

もう一つのお店に演奏に伺って以来のファンです。
湊川公園の手作りハンバーガー_a0103940_00123091.jpg
湊川にあるエル・ドミンゴでは、こだわりの美味しいバンズに挟んだ焼き立て熱々のハンバーガーをあじわえます。

一度頼りにしていたパン屋さんが店主高齢にて閉店するのでバンズを諦めようしていたら、長年のお付き合いからレシピを譲り受け、エル・ドミンゴのファンである別のパン屋さんがそのレシピからドミンゴ用にバンズを作る事快諾下さったとか。

湊川公園の手作りハンバーガー_a0103940_00191693.jpg
ご縁を大切にする方はご縁に助けられるのだと実感したエピソードでした。

湊川公園の手作りハンバーガー_a0103940_00211314.jpg

食べ終わると、グラシアス(ありがとう)というお皿のプレートが可愛いです。

また、是非うかがいます。

カフェ・エル・ドミンゴ
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280109/28004992/

兵庫県神戸市兵庫区荒田町1-5-4

電話 078-578-3678

11:00位〜17:00位まで。

臨時のお休みは、念のため電話問い合わせお勧めします。


by chekere | 2017-10-02 23:49 | | Trackback | Comments(0)

2017年8月19日日曜日に行われたひらふ祭りは、晴天に恵まれたくさんの人で賑わいました。


羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18343446.jpg
夕暮れになるほどますます人が増えるサンスポーツランドくっちゃん。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18390678.jpg
人気プログラムのひとつ「餅まき」も大盛況。

櫓を囲んだ四方八方へ餅がまかれ、皆さん楽しみに受取っていました。

僕たちのステージは前半機材トラブルこそありましたがものともせず観客皆さんと一緒に楽しみ、ステージはたくさんの子供達に囲まれて賑やかに終わりました。

いつもながら、お一人おひとりの温かい気持ちに胸いっぱいです。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18430168.jpg

キューバ音楽の後もファイヤーダンスはアフリカンドラムとチャントで盛り上がり、花火と羊蹄太鼓のコラボレーションとクライマックスを迎えます。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18462090.jpg

その場の誰もが太鼓と花火に惹きつけられていました。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18471553.jpg
次から次へと打ちあがる花火に合わせて叩き続けられる鼓。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18501386.jpg
一年前に聴いたこの音と景色を思い出します。

365日って、あっという間です。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_18561224.jpg
会場を見渡したくて太鼓脇から離れると、グランドフィナーレの花火に飲食スペースのテントやご来場者皆さんが一斉に照らされその場がひとつになったように感じました。

伺えるのは毎回奇跡、今回も呼んで下さって本当にありがとうございました。

また是非ひらふでお会いしたいです。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.3_a0103940_19051845.jpg
余談ながらお土産にいただいたこのうちわ、翌日の函館公演で楽屋みなさんに配りました。

一人でも多くの方へひらふ祭りが伝われば一ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。

by chekere | 2017-08-22 19:18 | | Trackback | Comments(0)

函館の坂の上から

日曜日、函館の元町公園から港を眺めました。

函館の坂の上から_a0103940_16145687.jpg
先々週、函館へ行った祭にあいにく曇りで雨がちだったので日曜日に行ったら行きたい場所でした。

函館の坂の上から_a0103940_11103096.jpg
はこだて国際民俗芸術祭の時は音楽祭の野外ステージとしての印象が強かったですが、普段の日に行けば当たり前ながら普通の公園でした。


函館の坂の上から_a0103940_16153674.jpg

だから、尚更お祭りの時に呼んで頂いて良かったと思いました。

函館の坂の上から_a0103940_16190959.jpg
元町公園の前には、港へ続く坂があります。

その坂の上で、今度は晴れた日に歌いたいと思ったのでした。
函館の坂の上から_a0103940_13194656.jpg
キューバに歌いに行くと、サンティアゴ・デ・クーバという音楽祭の会場になる街の坂の上から夕陽を見る事を思い出しました。

by chekere | 2017-08-22 16:11 | | Trackback | Comments(0)

ニセコフェスティバル、ひらふ祭り2017の事をもう少し書き留めます。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_17331875.jpg
地元の女子高生が文化交流の目的で手作り菓子を販売していました。

写真はありませんが、ニセコ中学校軽音楽部の演奏も初めて聴くことができました。
羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_23292660.jpg
北大ジャズ研のみんなの演奏も楽しかった。

先の日記にも書いたのですが、若い世代の参加は素晴らしい事だと思います。
羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_18072790.jpg
お子さん達がお祭りを肌で感じて愉しんで、遊びながら手伝っていくのを垣間見てこれまで以上にひらふ祭りへの共感を新たにしました。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_18152665.jpg
伺わせて頂くようになって四年のうち3回。

初めて晴れた羊蹄山の麓、青空の下の夏祭りは本当に気持ち良かったです。

今年で9回目らしいですが、お母さん方が子供達の為にと始めたのがきっかけとのこと。

羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_21360097.jpg
思いの伝わる時の来ることを信じて、皆さん毎年大変なご苦労の中開催されています。
羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_22162451.jpg
ボランティアの方々にも、そうした願いが宿っている気がします。
羊蹄山と花火とひらふ祭り2017 vol.2_a0103940_23095921.jpg
花火を見上げるたび、そんな未来を引き継ぐ笑顔を思いうかべて幸せな気持ちになったのでした。

(皆さん快く掲載許可頂きましたが、もし何かありましたらすぐ対応致しますので遠慮なくお知らせ下さい。)


by chekere | 2017-08-21 17:25 | | Trackback | Comments(0)