人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

2017年 04月 26日 ( 2 )

先月のキューバ公演では、今年ならではの出会いがたくさんありました。

印象的なのが、折り紙の本をサンティアゴ・デ・クーバでプレゼント頂いたこと。

キューバの「おりがみ」絵本 _a0103940_15143276.jpg
地元の方が出版されたばかりの折り紙の楽しみ方を伝える本で、トローバ国際音楽祭の時期に出版が重なったようでニュースにもなっていました。

僕には筆者ご自身に偶然お目にかかった際に直に手渡して下さいました。

キューバの「おりがみ」絵本 _a0103940_15293790.jpg
帰国して改めてページをめくれば、色とりどりの折り紙作品が登場します。

初めて折り紙に触れる人には、その折り方も書いてあります。

キューバの「おりがみ」絵本 _a0103940_15314990.jpg

折り紙を折る人の事をスペイン語でオリガミスタと呼ぶ事を初めて知りました。

日本の文化と考えてよい折り紙が旅先で大切にされている様子を目の当たりにして感動しました。

by chekere | 2017-04-26 15:03 | フェスティバル通信2017 | Trackback | Comments(0)

笑う門には福来たる

火曜日のワークショップへご来場ありがとうございました。

笑う門には福来たる_a0103940_11443866.jpg
もはや定点観測のようになった日暮里サルーのアボカドチキン丼を最後に頂きながら、幸せなひと時を過ごせた事を音楽の神様がいるなら感謝したい夜でした。

日暮里サルーのスタッフ、関係者皆さん、今回もお世話になりました。

ワークショップは僕が一方的に伝えるのでなくそれぞれが楽器に触れながら様々な気付きを得られるのが良い点です。

ひとつのことをゆっくり反芻(はんすう)しながら実際音が出るようになると嬉しいし、そこからより複雑な事へと進む意欲も湧きます。

僕はラテンボーカルとして自分もためすべく、その日の参加者から伺うエピソードで歌を創ります。

その時にしかないコーラスも出来上がりハモってみれば、面白い内容につい笑ってしまいます。

今回かなり面白いエピソードを僕自身思い出し、涙が出るほど笑いました。

笑うと免疫力アップ。いい事だと思います。

終了後も残って楽器を叩き続ける方、普段はない3コマ目に参加される方など熱心な気持ちに感激しました。

日暮里サルーでないと流れない時間があります。

次回は、お蔭様で五月最後の火曜日に開催決定しています。

初めての方、ぜひ気軽にご参加下さい。

⚫️5/30(火)鳴るほど!愉しい!キューバ音楽ワークショップ at 東京日暮里サルー!(ライブはありません。)
http://www.club-salud.com/

【料金】
1レッスン 2000円(1ドリンク付き)
2レッスン 続けて受講される場合、4000円から500円割引いて3500円(1ドリンク付き)
DJタイム ドリンク代のみ

【スケジュール】19:00 オープン
19:20〜20:10 SON入門ワークショップ
20:20〜21:10 SON初級中級
21:10-DJタイム DJ:Makoto(SON、トローバ、チャングイやネンゴンなど。)

会場はごはんも召し上がれるラテン居酒屋さん。もといサルサクラブです。
初めての方もぜひ気軽にご参加下さい。
月末の慌ただしさを楽器に触れてリフレッシュ!
来月を元気に過ごせるお勧めのひと時です。

ご予約・お問合せ 03-3807-2150 日暮里サルー
東京都荒川区東日暮里6-60-9 日暮里駅前ビル3F


JR日暮里駅 徒歩30秒

by chekere | 2017-04-26 11:42 | ワークショップ(体験会!) | Trackback | Comments(0)