人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

ひらふの花火、羊蹄太鼓

土曜日はひらふ祭りへご来場ありがとうございました。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_23081757.jpg
二年ぶりに伺えたニセコのフェスティバルへの出演を無事終える事が出来ました。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_23111278.jpg
国際色豊かなニセコ、サウンドチェックから子供たちがステージに上ったり客席で瞳を輝かせて踊り出しました。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_23195197.jpg
今回初めて他県からいらして下さった東京、千葉、名古屋のお客様、ありがとうございました。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_23261340.jpg
ひらふ祭り実行委員会の皆さん、お世話になりました。

実行委員長みずから景品をお餅にして投げる役にまわり進行に積極的に関わるチームワークは本当に素晴らしいと思います。

チームワークと言えば、カコさんとゆうさんの司会コンビは息のぴったり合ったお二人でした。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_23285163.jpg

皆さんの力がひとつになって、ひらふ祭りに笑顔の満ちる事を改めて実感しました。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_09395000.jpg
会場を歩いていたら、モヒートを出しているお店がありました。

出店しているお店は毎年少しずつ変わるようですが、昨日雨の中ヒメマス姿焼きを大切に味にこだわり焼いているお店や、

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_08480639.jpg

道産食材を用いてどなたにも安心して召し上がれるキッシュやスイーツを作るお店も

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_08504618.jpg
作り手や届ける人の想いや笑顔を見て買いたくなるものです。

他にも厚岸の焼き牡蠣に特製酢味噌をかけてだしてくれるお店や、石窯ピッツア、ラーメン、それぞれ道産素材を活かした美味しそうなメニューに目移りしてしまいそうでした。

そんなお店を見てまわる間、けん玉をし続ける男の子たちが技を見せてくれるところに出くわしたり、旅する人が地元の人と交流できるのもひらふ祭りの良いところですね。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_09433339.jpg

夜になるほど人で賑わうニセコ・フェスティバル。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_09471184.jpg
お祭りの締め、花火の時が近づきます。

その前にファイヤーダンス。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_09483993.jpg
火を眺め太鼓のリズムに子供たちも踊り出します。

そして、羊蹄太鼓の達人たちが花火とコラボレーションするクライマックスがやってきます。
ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_10073286.jpg
濡れてはいけない太鼓に一応ビニールで覆いをしますが、このとき雨もなぜか止み、雲も花火を色鮮やかに見る借景のように感じました。

雨で打ち上げにくくないのかな、というこちらの心配をよそに、ドド〜ン、ドド〜ン、次々と花火があがります。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_09573969.jpg
うまくは撮れませんが、複雑な花火を東京の方では見ますが、生の太鼓のリズムに花火が合わさると前回同様この羊蹄山のふもとでしか見られない素敵なアートを見られる幸せを噛み締めます。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_10054125.jpg
躍動感溢れる打技に花火が合わさり、観るものを魅了します。

真上を向いて大人も子供もみんなで一緒に楽しみむ花火、このひと時はかけがえのない宝物です。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_10070539.jpg

素晴らしい時間をありがとうございました。

おまけで、今年のタイムスケジュールを。

ひらふの花火、羊蹄太鼓_a0103940_10022532.jpg
キュウバンミュージックがツボでした。


by chekere | 2016-08-20 23:02 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)

夏のニセコより

札幌から雨を抜けてニセコに来ました。

雲こそありますが、涼しくて気持ち良いです。

今日は、ひらふ祭りに呼んで頂いています。

夏のニセコより_a0103940_15164414.jpg
宿泊先の宿にチラシが貼ってありました。

会場に着くと、皆さん楽しそうに盛り上がっています。

北海道のとうもろこし、獲れたてをバター醤油で焼いてあって、本当に美味しそうです。
夏のニセコより_a0103940_15193563.jpg
メインステージには今年から屋根がつき、いま羊蹄山ジャズスクールの小学生ビッグバンドの演奏が始まりました。

夏のニセコより_a0103940_15211846.jpg
みんな上手いなあ。

そして明るいです。

夏のニセコより_a0103940_15220661.jpg
結成3年で少しずつメンバーが増えてきたとのこと。

夏のニセコより_a0103940_15225753.jpg
客席からアンコールも出ました。

夏のニセコより_a0103940_15263634.jpg
また是非聴きたいなあ。
夏のニセコより_a0103940_15271979.jpg
この後は、北大ジャズ研究会のバンドが出演するよう楽しみです。

by chekere | 2016-08-20 15:12 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)

金曜日は札幌公演へご来場ありがとうございました。

札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09232515.jpg
前日の定山渓で惹かれた無農薬完全有機栽培のトマトを朝ごはんに頂き、ハバナクラブを手にして初めての会場・レストランのやへ伺いました。

札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09260913.jpg
蔵を改築し、旧い建築物を移築した空間は居心地よく、何か自分の中にはないのに懐かしさを感じる雰囲気が魅力です。

サウンドチェックを終えて頂いたご飯は、ギターのムーチョさんはスタッフおすすめのほうれん草と牡蠣のクリームドリア。
札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09411988.jpg
美味しそうです。

僕はほうれん草と牡蠣のクリームパスタ。

札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09421817.jpg
美味しくて、優しい気持ちになりました。

札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09430618.jpg
客席は気付けば椅子を並べ足すほどの盛況。

でも、ムーチョさんのギターの音色を存分に活かす環境でした。有難い。

Yokoさん、Rieさん、会場へのご縁を繋いで下さったばかりか宣伝も、そして快く当日受付けを引き受けて下さってありがとうございました。

オーナー奥様、店長松川さん、そしてスタッフ皆さんお世話になりました。

札幌・ほうれん草と牡蠣のクリームパスタ_a0103940_09460944.jpg
夏休みの宿題終えてお母さんと来てくれた10歳の小学生や、東京、千葉、名古屋、大阪など他県から足を運んで下さったお客様、そして札幌や帯広など道内でもお忙しい日常をおいて駆けつけて下さった皆さんの笑顔はプライスレス。

夏に誕生月を迎えた皆さんをお祝いできる幸せと共に過ごせたかけがえのない時間でした。

実は、この本公演後には少しだけおまけがあるのですがまた改めて書きます。


by chekere | 2016-08-20 09:15 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)