人気ブログランキング |

マコト日記 chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うラテンボーカルの徒然ブログへようこそ。


by Makoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2015年 09月 11日 ( 2 )


来週の土曜日には、久しぶりに都内で昼間に演奏します。

お子さん無料で参加できます、ご家族で夜出辛いというお声を反映したイベントなので、気軽に参加下さい。

キーワードはキューバ。

blog;お子さんも参加できるキューバ・シエスタ #祐天寺 #キューバ #アコースティック #ライブ_a0103940_12362626.jpg
カリブの島国に今まで以上にスポットの当たる昨今です。

キューバの、とても食べやすくて美味しいごはんもお手ごろ価格で用意しています。しかもスタッフが真心込めて手作り!

ちょっと旅気分を味わうまたとない機会、是非お見逃しなく。
blog;お子さんも参加できるキューバ・シエスタ #祐天寺 #キューバ #アコースティック #ライブ_a0103940_16261886.jpg
*9/19(土) 「祐天寺キューバン・シエスタ&キューバ・ナイト!」ドス・ソネス・デ・コラソネス at 東京・祐天寺エフ・ジェイズ(FJ'S)!
http://www.fjs-cafe-live.com/

キューバンシエスタ 2.500円(別途1ドリンクご注文お願い致します)

14:00過ぎ、14:30頃から2ステージ

キューバナイト 2.500円(1ドリンク別途ご注文お願い致します)

18:30頃から2ステージ

シエスタからナイトまで通しの方は、20%引き!
5000円→4000円でお過ごし頂けます。

途中ビギナー向け無料サルサレッスンあり!

ハバナ・クラブを使ったモヒートもこのイベントをきっかけに提供開始!
バリエーション豊かで目にも鮮やか。

当日限定提供のキューバ・ホットサンドなど人気です。

出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones

メンバー;
mucho Guitar&Vocal
Makoto Vocal & Perc.

ステージ間のDJ;Makoto

tel 03-3760-2825 Cafe & Livespot FJ's(エフジェイズ)
東京都目黒区中目黒5-1-20

駒沢通り沿い。
東急東横線・祐天寺または中目黒駅最寄り。


by chekere | 2015-09-11 23:42 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

blog:明日にかかる虹

昨日までの雨の影響を少しでも受けずに過ごせましたように。

今は、宮城の皆さんの無事を強く信じ祈ります。

昨夜は浜松町へご来場有難うございました。

雨上がり、会場へ向かおうとしたら虹がかかっていました。
blog:明日にかかる虹_a0103940_04594016.jpg
みんな待ちわびたであろう青空も見えました。

空を見上げていて良かったと思う瞬間です。

日々生きている、それだけで奇跡だといえます。

同じ時代に生まれたから出会えますし、明日が来るのは本当に素晴らしいこと。

でももし何か大変な事があって苦しければ、音楽を聴いて少しでも和らげばいいな、と切に願います。

昨日イベントへ参加下さったお一人お一人に感謝申し上げます。企画下さったノッティングヒル牧野さん、会場カフェ・ラ・ビーダ関係者皆さんお世話になりました。

この秋、共演させて頂いているムーチョさんのギターがより一層艶やかに響きます。アコースティックな音楽を大切に活動していて良かったと心底思います。

昨日も最高に美味しかったキューバごはん。
blog:明日にかかる虹_a0103940_05073455.jpg

ネイティヴのシェフが仕込んだチキンライスですが、日本の皆さんに親しみ易い絶妙な味です。

そして、いろいろな意味でまた新たな想い出になるだろうホットチョコレート。

blog:明日にかかる虹_a0103940_05121577.jpg
一昨日、水曜日はチュロスの出来に納得できなかった店主が敢えて出さなかったと聞きました。お客様には大変申し訳ありませんでした、と。

味を大切にする場所へは、もう一度戻りたいと願います。

演奏始めた途端踊り出して下さったコロンビアのマリアさん、ブラジル赴任のご経験からノリノリでリピートして下さったビジネスマンNさん、来月ご結婚されるMさんや一番乗りでご来店下さったSさんなど終始賑やかで幸せなひと時はいつもながらあっと言う間に過ぎました。

帰り路、夜空を見上げたらオリオン座がいつものように瞬いていました。

どうぞ、佳い1日をお過ごし下さい。



by chekere | 2015-09-11 04:55 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)