人気ブログランキング |

フェスティバル報告 in サルサ120%

日本最大のサルサ・フリー雑誌「サルサ120%」5月号に、3月のキューバ公演報告をさせて頂きました。
参加したフェスティバル・インテルナシオナル・デ・ラ・トローバ‘ペペ・サンチェス’についてです。フェスティバルの名前、長いですが知って頂けたら嬉しいです!

この場を借りて編集部の皆さんに心から感謝します。
入稿に慣れない僕にご多忙極める中本当に親切に御対応下さいました。

明日以降全国のサルサ120%配布地域でご覧頂けます。
個人でご購読希望の方は取り寄せも可能です。

僕が現地へ演奏に行くきっかけになったのは十年前トレスの末永雄三さんに誘って頂いたソン・グループ「ソネス・デ・オリエンテ」。
1997年、日本でまだ誰もソンを踊りたい・演奏したいなんて思いもしない頃、彼はブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのエリアデス・オチョア氏やコンパイ・セグンド氏とキューバで共演していました。

その後ソネス・デ・オリエンテとしてフェスティバルへ招かれ連続5年招聘公演を行います。五人で行けない時には四人で、四人で行けない時にはギターのムーチョさんと二人ユニット「ドス・ソネス・デ・コラソネス」で、そして今年はソロ公演になりましたが、今年で8年続けてサンティアゴ・デ・クーバへ歌いに行っています。

個人的に二年目以降‘キューバに行く’こと自体にもはや意味はなく、僕達が演奏家として日本から行くことの意義や意味を自分に問いただしながら現地へ向かうのは正直しんどい時期もありました。日本にいるほとんどの方が知らないこと、自分自身には意義を感じるこのキューバ公演が、自分の拙い演奏を通じて一体それだけ人の心に残るのだろうか。現地には一流の演奏家が凌ぎを削っています。

途中ソロアルバム製作で現地レコーディングを行う等、12年前の留学時から数えると延べ12回サンティアゴ・デ・クーバに足を運びました。
今は行く度に余計なものが削ぎ落とされ、無心になっていくような気がしています。たくさんの人に応援頂き実現できていることを回を重ねる毎に実感し、感謝の念もより一層増します。

2003年には国際音楽祭メモリアルCD製作に参加、レコーディングしました。
オリジナル曲「En Bodeguita」は日本未発売のそのCDにのみ収録されています。
一昨年はムーチョさんと二人近郊のカネイという町を訪れ、その土地のトロバドーラへ自分達の演奏を捧げました。
昨年は、アメリカ・オーランドのディズニーワールドで唯一日本人飴細工アーティストとして活躍するCandyさんとサンティアゴ・デ・クーバ現地の小学校で公演し、演奏と飴で子供達との時間を過ごしました。

僕は一体どうしてこんなにこの町が好きなんだろう。
うまく言葉には出来ないのですが、
惹かれるのは、人や街を包む空気そのものです。

言葉が拙い上に想いだけはあるものですから到底紙面に収まりませんが、
一人でも多くの人にサンティアゴ・デ・クーバとその音楽について興味を持って頂けたら幸いです。それは、僕がこの町の紹介者だというような気持ちより、自分の好きな菓子を「これ絶対美味しいから食べてみて!」と勧めるような気持ちです。紹介するのは僕でなくてもいいのです。でも、どこかで誰かが「あれ、美味しいよ!」と噂しないと広まらない。

機会があったら、是非サンティアゴ・デ・クーバまで旅をされてみて下さい。

今日はソネス・デ・オリエンテで築地キューバン・カフェでソンを生演奏します。

是非聴きにいらして下さい。

*4/30(水)ソネス・デ・オリエンテ at 築地キューバン・カフェ!
tel 0351485001

大江戸線・築地市場駅A1出口徒歩3分。
地上出て左、築地市場青果門を通り過ぎて見えるビル1F。
(ローソンの入ったビルです。)

¥2.500-(w1d)

20:30/21:45 (2stages)

佳いお休みを!
a0103940_176646.jpg
a0103940_179186.jpga0103940_1710378.jpg
Commented by Kumita at 2008-05-02 00:29 x
私も「これ絶対おいしいから食べてみて!」という口コミに乗っかってハマった一人です。それから私も口コミする側になりました。
サンティアゴを飛び立つ飛行機の中で、あんなにも涙が出るなんて自分でも信じられませんでした。隣のCuba人のおばちゃんがとても心配そうに私を見て声をかけてくれて、また泣けてしまいました。
「おいしいものはみんなで!」「知らない人には知らせよう!」みんなでサンティアゴへ!
Commented by chekere at 2008-05-02 00:52
Kumitaさん;
ご自身にとってのタイミングをうまく掴んで行かれたのですね。
最高の旅をされた方が言葉を重ねて勧めるからこそ、また他の誰かが現地へ一期一会の旅をすることになります。
素敵な出会いが続きますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2008-04-30 17:10 | お知らせ | Comments(2)

キューバ音楽を歌うラテンボーカルの徒然ブログへようこそ。


by Makoto