人気ブログランキング |

昨日J-WAVEで

ヌエバ・トローバのマエストロの生出演がありました。

http://www.j-wave.co.jp/index.htm

出演時間は土曜日13:40からの十分間でした。
Navigator がアンドレア・ポンピリオさんの
MITSUI FUDOSAN RESIDENTIAL SOUNDS & CITIES(13:00-13:40)のあと。

出演者はビセンテ・フェリウさんとラサロ・ガルシアさん。

シークレットだったのか何もサイト上告知もされず、紹介のされ方も「特別に」というスペシャルな偶然のようでした。

今はきっと過去のオンエアー曲を検索頂くと出てきます。

演奏は一曲目がA mi maneraのアカペラ。
二曲目がSIEMPRE SERA EL AMORというギターとボーカルのデュオ演奏でした。二曲目はラサロ・ガルシアさんご本人作曲です。

シンプルな中にハーモニーの美しさやキューバ音楽本来のグルーブがあり、スタッフみなさんも感動されていました。
J-Waveで流れたことにとても意義があった気がします。

友人・知人にたまたまFMをつけていて聴いて下さった方からもお知らせ頂いたり、嬉しい偶然もありました。

そう、僕は急遽通訳で呼んで頂いたのでした。
拙い訳ではありました。
その場にいられてただただ幸せでした。

7/30、浜離宮での彼らの最終ステージはチケット全てソールドアウト。でも当日までキャンセル待ちする価値はあると思います。

ヌエバトローバ、それは決して単なる音楽の一ジャンルに非ず。
是非ご自身のお耳でお確かめ下さい。
トラックバックURL : https://chekere.exblog.jp/tb/5931067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2007-07-29 12:42 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)