人生の花が咲くとき 〜エリアデスオチョアさんの国際電話インタビュー掲載されました 〜

いよいよ7/20(金)から全国で順次公開になるキューバ音楽のドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス」。

a0103940_16112340.jpg
関連したスペイン語インタビューを担当させて頂き、国際電話でエリアデス・オチョアさんから伺ったお話の翻訳が記事に載りました。
a0103940_16105747.jpg
映画.com公式サイト
a0103940_16082170.jpg
派生先ふくめおよそ43媒体に掲載されているそうです。

a0103940_14371042.jpeg
国際電話越しに聴いたエリアデスのお声、優しかったです。
a0103940_07313319.jpeg
今年の3月、プライベートミュージアムにご本人を訪ねたことも懐かしく思い出しました。

試写会でご一緒頂いたジャズボーカルTOKUさんとは、この時一緒にキューバへ旅しています。

a0103940_14473994.jpeg
このほか試写会では俳優・塩谷瞬さん、ピアニスト佐田詠夢さん、ウェブデザイナーHiromi Tanakaさんなど業界を超えた皆さんと一緒させて頂きました。

各氏掲載許可頂いています。そして、感動共感を寄せて頂きました。

a0103940_20181541.jpeg
映画のワンシーンでコンパイ・セグンドさんが言います。

「人生の花は、誰にでも訪れるよ。

遅かれ早かれ、一度は必ずね。

それを、見逃してはいけない。」

何度でも、見たくなる映画です。
a0103940_16175703.jpg
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス公式サイト



[PR]
トラックバックURL : https://chekere.exblog.jp/tb/238664166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2018-07-19 14:20 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

キューバ音楽を歌うラテンボーカルの徒然ブログへようこそ。


by Makoto