人気ブログランキング |

マコト日記 chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うラテンボーカルの徒然ブログへようこそ。


by Makoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

フェスティバル通信「10」

先週までいたキューバのトローバ国際音楽祭のことをリポート続けます。

3/19は、トローバというキューバ音楽の生みの親と言われるぺぺ・サンチェスの誕生日にあたり、トロバドールの記念日として音楽祭ではいつも偉人のお墓参りというセレモニーがあります。
フェスティバル通信「10」_a0103940_16193911.jpeg
各著名作曲家、各演奏家の墓石の前でハバナから来た音楽評論家リノ・ベタンクール氏の音楽史講義のあとセレモニーに参加した現役演奏家が演奏を捧げます。
フェスティバル通信「10」_a0103940_16233043.jpeg
サンティアゴ・デ・クーバのサンタ・イフヘニア墓地に着き、初めはフィデルカストロ元国家評議会議長の墓石に詣でました。

次にキューバ革命の思想的な支柱、ホセ・マルティ氏のお墓へ。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16261568.jpeg

きっとこの国でいま一番大きい墓石だと思います。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16301371.jpeg

写真は撮影許可頂いています。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16333106.jpeg
そして、取材が入りつつお墓参りが続きます。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16384298.jpeg

墓石に献花し、お参りは続きます。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16451158.jpeg
キューバ音楽史上の偉人の一人、ニコ・サキート氏。
フェスティバル通信「10」_a0103940_16475043.jpeg

リノ氏が花を捧げたのは、

フェスティバル通信「10」_a0103940_16484537.jpeg
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブでグラミー賞を受賞したコンパイ・セグンド氏のお墓。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16523358.jpeg
mUchoさんの気持ちと共にひとり参加した今回のセレモニー、コンパイさんの墓石に現地アーティストと一緒に歌を捧げました。

フェスティバル通信「10」_a0103940_16580353.jpeg
そして、ぺぺ・サンチェス氏のお墓へ。

フェスティバル通信「10」_a0103940_17001503.jpeg
セレモニーの一行の中には、ハバナからトレスギターの神様パンチョ・アマート氏やヌエバ・トローバの巨匠アウグスト・ブランカ氏もいらしていました。

音楽祭に出続ける中で、これまで親しく交流していてもう会えないいだいな演奏家も一人ずつ増えて同じ墓地に眠っています。

毎年、会いたい人に会える事の奇跡と幸運に心から感謝する旅になっています。

トラックバックURL : https://chekere.exblog.jp/tb/238431186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2018-03-30 16:09 | フェスティバル通信2018 | Trackback | Comments(0)