人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

マコト日記

キューバ音楽を歌うラテンボーカルMakotoの徒然ブログ


by Makoto

小野リサさんとの再会

10月もあと一日になりましたが、今日もどうぞ佳い一日を。

先週水曜日、借し出していた僕のカバキーニョ(サンバの弦楽器です)を受け取りにビルボード東京へ行きました。

ちょうどブラジルからトニーニョ・オルタさんが公演にいらしていて、僕はレッスン後2ndステージへ駆け込むようにブラジル音楽界の生きるレジェンドをようやくライブで見る事が叶いました。

素晴らしかった。

そして、その公演には小野リサさんがゲスト出演されていました。

小野リサさんとの再会 _a0103940_23285971.jpg
楽屋で久しぶりの再会叶い、一枚。マネージャーさんに掲載許可を頂いています。

ビルボード・スタッフ皆さん、当日もお世話になりました。
主催者・関係者皆様、素晴らしい公演を有難うございました。

2005年に僕はリサさんのCD制作に携わり今に至ります。
小野リサさんとの再会 _a0103940_01072067.jpg
アルバムのタイトルは「Romance Latino vol.3」。

ご興味湧いたら幸いです。リサさんのサイトでもご紹介頂いています。

http://www.onolisa.com/shousai/shousai_19th.html

アマゾンでは、在庫切れのようです。
https://www.amazon.co.jp/Vol-3-Romance-Latino-Lisa-Ono/dp/B000KLQ9UE

その年の1月にリサさんが僕の演奏していた表参道のプラッサオンゼにふらりとお一人でみえたのが始まりでした。プラッサオンゼ・オーナーのクラウヂアさんには事前に相談があったようです。

もちろん、リサさんにも既に心つもりがおありだったようですが、当時既に制作済みだったRomance Latino vo.1,vol.2をブラジル音楽界の至宝・故Oscar Castro Neves氏にプロデュースを任せ、三枚目のvol.3を僕に任せて下さったのでした。

クレジットは「プロジェクト・アドバイザー」。
小野リサさんとの再会 _a0103940_01133103.jpg
全曲レコーディングに参加した時の表記はMakoto“Itamae”Sasaki。
Itamaeは学生時代からソロアルバム発売時期までの僕のニックネームです。

Romance Latino vol.3制作は三部作で最も時間がない中、リサさんは選曲会議からレコーディングメンバーの人選、そしていろいろな細かい事を経験の浅い僕と丁寧にやり取りして下さった事を今でも覚えています。

東芝EMI社の第3スタジオでの録音作業は、そのスタジオが無くなってしまった今となっては本当に貴重な時間です。

アレンジャーとしてギターリストmUchoさん、ピアニスト中島徹さんお二人に多大なご協力を頂きました。

大好きなパーカッショニスト大儀見元さんと山北健一さんにはラテンパーカッションの「粋」溢れる音を。

学生時代からの付き合いで深く信頼するベーシスト小泉哲夫さんにはまさに信頼あるキューバ音楽のビートをもって音の底辺から支えて頂いたのです。

赤木りえさんのフルートとルイス・バジェ君(同い年で親しいという意味でもちろん素晴らしい才能と人柄へ敬意をもってあえて《君》なのですが)のトランペット、それに松原由紀子さんのフルートとSayakaさんのバイオリンはキューバ音楽になくてはならないエッセンスを、谷口英治さんのクラリネットはキューバ音楽の新時代に繋がる鋭く深いジャズのスイングと音色をたっぷり加えて下さいました。

その年Romance Latinoシリーズはゴールドディスクを受賞、翌2006年ゴールドディスク受賞式の行われたNHKホールでの受賞記念ライブ演奏へ呼んで頂いたのです。3月にはキューバへ歌いに行くのでその直前ぎりぎりのスケジュールでしたが参加できて光栄でした。

2005年について書き加えれば、年の前半にCDを制作して終わりだと思っていたら秋までの小野リサRomance Latinoツアーに“大抜擢”され全国でホールコンサートを一緒させて頂きます。

そのツアーでも、素晴らしい先輩方との共演を通じて自分の至らなさと皆さんの素晴らしさに胸打たれる経験の連続でした。

経験のない僕に素晴らしい体験をさせて下さったリサさん、ツアー・メンバーとスタッフ、それにレコード会社とMSエンタテインメント事務所皆さんに心から感謝申し上げます。

全ては、学生時代にサンバを始めた事から。その当時から今も尊敬してやまない「I先輩」に心から感謝申し上げます。

小野リサさんとの再会 _a0103940_01192061.jpg
これからも、諦める事なくささやかな一歩をたゆまず進めていこうと思う秋の夜長です。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by chekere | 2016-10-31 01:58 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)