人気ブログランキング |

ブログトップ

マコト日記

blog;フェスティバル通信2015(4) 

あっという間に四月の半ばにさしかかろうとしています。

忘れないうちに三月後半に歌いに伺ったキューバの国際音楽祭のことを書かせて頂きます。

キューバ共和国東部地方にある旧都サンティアゴ・デ・クーバ市にて行われた国際音楽祭も四日目に入ります。

日付でいうと3/21(土)、日本では春分の日でした。

サンティアゴでは日中40度に届こうかという暑い陽射し。

blog;フェスティバル通信2015(4) _a0103940_23045853.jpg
暑さをものともせず、昼下がり街角では生演奏が響き渡ります。

blog;フェスティバル通信2015(4) _a0103940_23121937.jpg
その後ろでは、更に野外特設ステージを準備中。

あらゆる街角へ音楽を。

いつも以上にサンティアゴは音楽に溢れます。

ツアー皆さんもそういった雰囲気を楽しみ、僕とmuchoさんのステージは夜にサロン・デル・ソンという室内の会場で行いました。

週末とあって通りは散策する地元の方で夜もにぎわいます。

blog;フェスティバル通信2015(4) _a0103940_23160262.jpg
サロン・デル・ソンは、数年前に開いた比較的新しい音楽スポットですが、5~6人編成のダンサブルなバンドが演奏するのが常です。

今回は、前日に共演させて頂いたファミリア・バレラ・ミランダという素晴らしいグループが出演されることから、再度僕達も共演を願って出演が実現しました。

でも、僕にとってmuchoさんとのデュオ・ステージは何より意義深く短いながら非常に充実した時間でした。

会場はダンス・スペースも十分にありますが、やはりキューバらしいのは一度皆さん踊り始めるとあっという間にフロアーが埋まります。

ファミリア・バレラのステージで、皆さん踊る踊る!
blog;フェスティバル通信2015(4) _a0103940_23172510.jpg
瞬く間にダンス・クラブのように。でも、バンドはライブ。DJではありません。

音楽祭の時でなくてもそれは贅沢な環境です。

この日は、地元の政府筋の方々も見えていたようで、カリブ海という意味では近隣のマルティニークからもお客様が見えていて片言のフランス語で挨拶をさせて頂いたら喜んで下さいました。

ツアーの皆さんも遅くまで応援に駆けつけて残って下さって本当に励みになりました。

次回は、いよいよ音楽祭最終日。

ハードスケジュールですが、午前中の出演です。

トラックバックURL : https://chekere.exblog.jp/tb/21113846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2015-04-12 23:59 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)