<   2011年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ボサノバ少女

先々週、門前仲町で演奏した時のこと。

a0103940_5114552.jpg


カブラレスさんに習う小学生姉妹のギター弾き語りをステージ途中飛び入りで聴かせてもらいました。

お姉さんはモリエンド・カフェを、妹さんはイパネマの娘をそれぞれ一曲ずつ。

その場にいる皆さんが思わず釘付けになる位二人のパフォーマンスは素晴らしいものでした。

恐らく、お姉さんは5年生、妹さんは2年生くらいのはずです。

素直で伸びやかな歌声は、僕達大人には決して取り戻せないもの。指捌きも彼女達のひたむきな気持ちを表すかのように、複雑なコードを次々と押さえながらラテンの名曲を奏でていきました。

a0103940_5114594.jpg

写真は妹さん・Sちゃん演奏中の一コマ。
明かり不足で写りが良くなくてごめんなさい。
お父様お母様から掲載許可戴いています。

これからも是非音楽を楽しみながら、続けて欲しいです。
[PR]
by chekere | 2011-05-31 05:11 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)

再会の雨

土曜日は藤沢インタープレイ、昨夜は日本橋ラ・トロバイータへ
それぞれ雨にも関わらずご来場本当に有難うございました。


藤沢では東京、神奈川からいつもお越し下さる方はもちろん、
栃木、静岡愛知、大阪など他県から集まって下さったお客様もいらして感激しました。
誕生日の方の中でも喜寿や、更には銀婚式のご夫妻も実に素敵な笑顔で踊って下さいました。

a0103940_8181735.jpg

2枚目の写真は、昭和なSON四郎メンバーはチューチュー・トレイン、
平成なお客様はE○ILEと呼んでいたお客様の連帯感溢れるダンス。

新曲もお楽しみ頂けましたように。

次回藤沢インタープレイには6/26日曜日に伺います。

早速ご予約頂き重ねて感謝します。
更に元気で見応えあるステージを用意してお待ちしています。

a0103940_81817100.jpg

昨夜は台風と言われていた割に東京は比較的風のない雨日でした。

街は空いていて地下もデパートも歩きやすく、道行く人はこの日とばかりお気に入りの傘やレインコート、そしてレインブーツを履いていました。

僕の友人はじめ結婚式をするカップル、そして彼等の門出を祝う人達も随分街で見かけました。

ウェディングの司会をする友人が、雨の日は雨粒の数だけ天使が幸せを運んできてくれるという言い伝えをエピソードに呟いていて印象的でした。

ラ・トロバイータ店主であり友人のキューバ人ミュージシャン・カブラレスさんが先週末本国へ帰国し、奥さん・Mさんと急遽スタッフに入って下さったSさんお二人温かい笑顔で迎えて下さった最後の営業日。

客席ではコンパイ・セグンドさんをBGMにキューバ・ビール‘ブカネロ’が空いていきます。




僕は食べ納めになるキューバ家庭料理、
ピカディージョとパエリアを両方味わいながら戴きました。
美味しくて思わずテイク・アウトも頼みました。

誠実で良質な料理や飲み物、
そして音楽から僕は自分の見たキューバの風景を連想します。

家族をはじめ人との出会いと同じく、
旅先の景色や音楽との出会いも僕を助けここまで運んで来てくれたと言えます。
その一つ一つを思い出させてくれる料理とMさんに心から感謝し再会を約束しました。

日本橋という場所柄、演奏予定に興味を持って下さる方多数いらっしゃったこともここに記しておきます。沢山の問い合わせ、メッセージ有難うございました。

そう、少し嬉しい変更お知らせですが、
ラ・トロバイータは今後月・火・水曜日のランチは6月も営業するとのことです。

日本橋付近にお勤めの方もご興味湧いてお時間作れる方も是非どうぞ。

台風一過、今日も佳い一日を。
[PR]
by chekere | 2011-05-30 08:18 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0)
アコースティックで耳にも身体にも優しくお店の響きにも合う編成でお届けします。

a0103940_2359151.jpg

今月は、ラテンベースといえばこの人;小泉哲夫さんに加えて
打楽器奏者;大儀見元さんをお迎えします。

どんな音になるかは、聴いてのお楽しみ。
きっとお二人のゲストの出す音色のように、
心の底から楽しい力が湧いてきます。

*5/31(火)表参道「キューバの見える夜」;ドス・ソネス・デ・コラソネス with 大義見元perc.&小泉哲夫b. at 表参道プラッサ・オンゼ!(各氏敬称略)
http://www.praca11.net/

¥2.900-(w1d)

20:00/21:30

tel 0334058015 プラッサオンゼ
半蔵門・銀座・千代田各線「表参道」駅A3出口徒歩4分。
青山児童館向かい地下一階。

ご予約頂いています。
もし宜しければ、気軽にお店へ電話してみて下さい。
通じなければこちらへもお知らせ下さい。
sondesantiago@hotmail.co.jp
Makoto宛
[PR]
by chekere | 2011-05-28 00:00 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)
先日、町田Mi Salsaの演奏でコンパイ・セグンドというキューバのアーティストの話になりました。

本名、マクシモ・フランシスコ・レピラード・ムニョス。
通称、コンパイ・セグンド。

1907年11月8日シボネイ生まれのキューバ人音楽家。
CDそして映画にもなった「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のリード・ボーカリストであり、
ギターリストとして彼を知る日本の方も多いと思います。

あるキューバのラジオ番組ディレクターが、一世を風靡したデュオ‘ロス・コンパドレス’時代にセカンド・パートを担当した若い頃の彼にそうニックネームを付けたといいます。

彼のお墓はキューバ東部地方サンティアゴ・デ・クーバ市の墓地にあります。

2008年3月のフェスティバルでは、
彼の生誕100年を記念しお墓の前で演奏するセレモニーがありました。

記憶違いでなければ、彼の墓石のお披露目でもあったかと思います。
a0103940_21505230.jpg

偉大なるコンパイの業績を讃え後世に伝えるべく、
墓石はある芸術家の手による作品と聞いています。

墓石にはラス・フローレス・デ・ラ・ビダ(人生は今が花;僕の意訳です。)とスペイン語で書かれ、
彼のトレードマークだった帽子とアルモニコが中心に彫られています。
そして、その言葉に合わせて花のモチーフがちりばめるようにあしらわれています。
彼の人生が喜びに満ちていたことを象徴するように。

ただ、本当に彼のファンであれば、
彼の一生が決して平坦でなかったことをご存知だと思います。

その日は彼の楽曲を地元の演奏家が奏で、
息子さん達及びフェスティバル関係者が順々に献花をします。
僕も花を捧げました。

90歳を目前にグラミー賞を受賞し、
世界中を飛び回り
90代に突入しても「今が人生最高の時さ」と言い続けることのできる人。

そんな人に憧れない人はいないと思います。
僕もとても憧れます。

全てを持つ事はできなくても、
己を知り、足る事を知る。

君は、何の為に今日を生きるんだい?

花を置いた時、低く穏やかな彼の声にそう問いかけられた気がしました。
a0103940_21352065.jpg

[PR]
by chekere | 2011-05-27 21:59 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(6)
5月末で閉店するラ・トロバイータ。
a0103940_6544959.jpg


お店を経営するご夫妻がキューバへ移住するためです。

日曜日は事実上お店最後の営業日になります。

他では食べられない美味しいキューバ家庭料理、
ミントの葉が信じられない位分厚くて薫り高いモヒート。
日本ではもう二度と口にできません。

ささやかながら、生演奏のキューバ音楽で華を添えます。
是非いらして下さい。

*5/29(日)ドス・ソネス・デ・コラソネスin「ノーチェ・オリエンタル」at ラ・トロバイータ!
http://www.latrovaita.com/

¥3.000-(Mucis Charge,w1d)
¥4.000-(Music Charge,w1d,and キューバご飯ディナー!)

18:30〜
(休日らしく終電にしっかり間に合う時間に。その場でも教えて下さい。必ず対応させて頂きます。)

限定10席(御予約お勧めします!)

御予約tel 09022523014 La Trovaita:ラ・トロバイータ
中央区日本橋本町1-6-3 ダイヤモンドビル102

半蔵門線・三越前駅徒歩3〜4分。

ラ・トロバイータはその日で閉店です。

a0103940_6505914.jpg

あとはカブラレスご夫妻がキューバのオリエンテ地方で開いてくれるのを待って、
地球の裏側へ行くか。是非この日をお見逃し無く。
[PR]
by chekere | 2011-05-25 23:46 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

藤沢SON四郎・皐月

a0103940_6392843.jpg

四人組ユニットSON四郎。
この土曜日に藤沢で会えるのを皆楽しみにしています。

*5/28(土)SON四郎 at 藤沢インタープレイ!
http://www.h4.dion.ne.jp/~interp/

前売 ¥3.000-
当日 ¥3.500-

open 18:00
start 19:00

tel 0466(24)4450 インタープレイ
藤沢市鵠沼石上1-7-1 ケインズタワー5F
JR/小田急 藤沢駅南口4〜5分。

ご予約されるとお得です。是非どうぞ。

佳い一日を。
[PR]
by chekere | 2011-05-25 06:39 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

町田Mi Salsa・皐月

お店で作って下さったチラシ追加しました。(2011/5/25)

木曜日は町田ミ・サルサです。
a0103940_23594388.jpg


*5/26(木)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 町田ミ・サルサ!
http://www.mi-salsa.net/

予約¥1.800+order
当日¥2.000+order

18:30 Open
20:00/22:00 Live
※この日だけご予約早い時間帯に頂いている為、
少し早めに始めるかもしれません。
もちろん、
いつもと同じようにお越し下さる方にも充分楽しんで頂けるよう最善尽くします。

ご予約 0427323217 ミ・サルサ
東京都町田市森野1-11-9ソーナビルB1

小田急線町田駅西口から徒歩3分
営業時間18:00〜24:00(ご予約お勧めします!)

写真はサンティアゴ・デ・クーバにある音楽の殿堂。
その建物の中にある、知る人ぞ知る裏中庭です。

数々の名曲がこんな何気ないセッションの中から生まれたのでしょう。
音楽が名も無い音の会話から生まれる理想的な例の一つと言えます。

この土地で生まれる歌が心地良いのは、
その発祥が彼らの想いのやりとりにあるせいなのかもしれません。
a0103940_22292121.jpg

[PR]
by chekere | 2011-05-23 23:59 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)
一足先に6月スケジュールの中からツアーのお知らせです。
a0103940_23574429.jpg


四人組ユニット、SON四郎で東海・近畿で三カ所です。

“SON四郎”ツアー2011!〜東海・近畿〜
*6/10(金)大阪VOXX
http://live-voxx.com/
 
open 18:30
start 19:30

前売¥3,500
当日¥4,000

お問合せ: 06-6225-2100 大阪VOXX
大阪市西区江戸堀1-15-30 本格中華料理(北京料理)「徐園」横・地下1階

*6/11(土)神戸上屋劇場《東日本大震災チャリティーイベント》
http://uwayagekijyo.com/
兵庫県神戸市中央区波止場町6-3甲陽運輸内1F

前売¥3,500
当日¥4,000

open 18:00
start 19:00

お問合せ: 080-6109-3940  担当:下村

*6/12(日)名古屋LA BOHEMIA
http://www.garys.jp/labohemia/

open 17:00
start 18:00

前売¥3,500
当日¥4,000

お問合せ: 052-252-0127  名古屋LA BOHEMIA
名古屋市中区栄4-2-10 小浅ビルB1F

皆さんに会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by chekere | 2011-05-22 23:58 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)
地球の裏側キューバでは、今、巨大音楽祭が佳境を迎えています。

現地から届いた情報によれば、
トレスというキューバの複弦楽器のコンテストがあり、
プエルトリコからも参加者がいて多いに盛り上がったとのこと。

一枚目は、
キューバを代表するトレス奏者・パンチョ・アマット氏と、
地元サンティアゴ・デ・クーバを代表する若手トレス奏者の共演。
彼のような才能溢れる若者がサンティアゴ・デ・クーバには沢山います。

世代を越えて音楽を引継ぐ伝統が培われているのを目の当たりにする音楽祭には、
いつも感動させられます。

写真;Margoさん提供
a0103940_16293326.jpg


二枚目はプエルトリコからの参加者。
やはりMargoさん提供。
a0103940_16322996.jpg

[PR]
by chekere | 2011-05-20 16:46 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

窓の向こうに

a0103940_7104382.jpg

旅先の宿で、ある朝細く開いたの扉の向こうに一瞬見えた青空が目に焼き付きました。

理由もなく、あるときふと思い出す景色のひとつになりそうです。

今日も佳い1日を。
[PR]
by chekere | 2011-05-20 07:10 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto