<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コーヒーの花

スケジュールの合間、
縁あってコーヒー農園に行きました。

一枚岩が頂を占めるシエラマエストラ山脈の一角、
グラン·ピエドラ付近にある農園です。

頂上に向かうに従って風は涼しく、
半袖では肌寒いくらいになります。

古くはハイチづてにフランス人から伝わったと言われるキューバのコーヒー·プランテーションの歴史を垣間見ました。

a0103940_8444514.jpg


a0103940_8542560.jpg


それにしてもコーヒーの花の芳しい香りには驚きました。
実はフルーツなみの糖度。

1度体験しただけで、
コーヒーに対するイメージがすごく変わりました。
[PR]
by chekere | 2010-03-30 08:46 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

日曜日のコンガ

a0103940_2383149.jpg


サンティアゴ·デ·クーバは音楽の街。
それは静かな週末でも変わりません。

朝食を食べていると、表から何か賑やかな音が聴こえてきます。

バルコニーに出ても音の正体は見つかりません。
でも次第に音は近づいてきます。

気になったのでカメラを手に通りへ出てみました。
角を曲がるとコンパルサ。
カーニバルで見られるお祭りパレードが突然やってきたのでした。

リズムはコンガ。
オリエンテ地方と、ハバナをはじめ西側とでは叩き方が違うなど音楽的にもいろいろ興味深いことがたくさんあって見ていて飽きることはありません。

何よりパレードの参加者になって町中練歩きたい衝動にかられるのです。
日曜の朝に思いがけず訪れたお祭り気分を満喫しました。



a0103940_2432669.jpg

[PR]
by chekere | 2010-03-29 02:45 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)
a0103940_8284059.jpg


キューバでも異常気象の影響は避けられず、
常夏の島にしてはハバナだと少し涼しい日が続いています。

でも、東の都サンティアゴ·デ·クーバは真夏。

連日30度を越え、正に肌を射るような陽射しの下を皆元気に過ごしています。

サンティアゴの家庭料理。
何より元気の源です。

そして新鮮な果物。
歌の舞台になるカネイをはじめサンティアゴ近郊から毎日届きます。
a0103940_3264727.jpg


a0103940_335537.jpg
[PR]
by chekere | 2010-03-28 08:43 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

カネイ·アレリのつぼみ

a0103940_8241919.jpg


フェスティバル終了後、スケジュール合間を縫って
歌の風景を日々探します。

今日はカネイへ。
熱帯植物園に行きました。
設立35年の園内には南北アメリカ以外にも
アジア原産種も大切に保存されていて非常に見処多い場所でした。

中でもひとつ印象に残ったアレリ。
プエルトリコの作曲家、ラファエル·エルナンデス氏の作品:アレリのつぼみ、を思い出しました。
[PR]
by chekere | 2010-03-27 08:29 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

4月スケジュール

少し早めではありますが、初めてキューバから更新してみます。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。

4月の金曜日、築地での生演奏は16日のみお休みです。
a0103940_1122675.jpg

*4/8(木)エル・ピアノ・イ・ラ・クラーベ in La Pachanga presents「 Mcuha Cuba」 at 関内3355 !
http://www7a.biglobe.ne.jp/~la-pachanga/


¥3.000-(w 1 dance lesson,1d,1food,)


19:30-23:30


tel 045-681-4545JR
横浜市中区住吉町3-28 1階
「関内駅」徒歩5分・みなとみらいせん「馬車道駅」徒歩7分


*4/9(金)ドス・ソネス・デ・コラソネスpresentsノーチェ・デル・メディオatキューバン・カフェ!
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cubancafe2005


Tips Only!


20:20-22:30


Tel 0351485001 Cuban Cafe
浜離宮パークサイドプレイス1F
大江戸線・築地市場駅1番出口・徒歩2分

*4/10(土)仲田美穂 デスカルガ・コラソン・ラティーノ at 荒川沖ラ・クラベ・カサ・デ・マロン!
http://clave-marron.com/


前売¥2.500-(w1d)
当日¥2.700-(w1d)


19:15/21:00


仲田美穂(P)
佐久間勲(Tp)
渋谷和利(B)
美座良彦(Dr)
Makoto(Vo)


tel 029-841-5417 La Clave Casa de Marron
18:00-24:00(火曜休み)
土浦市荒川沖1丁目15ー16


*4/14(水)ドス・ソネス・デ・コラソネスpresents「クラブ・ドス・ソネス」at神田・元気ビル3F!


美味しい野菜と生演奏キューバ音楽の夕べです。


¥2.500-(w1d)


19:30~


神田元気ビル;千代田区神田多町2-2-3 3F
JR・銀座線「神田」駅徒歩3~4分。
ニューセントラルホテル向かい。(セントラルホテルもありますからお間違えなく!)


*4/15(木)ソネス・デ・オリエンテ at 築地キューバン・カフェ!
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cubancafe2005


¥2.500-(w1d)


20:30~(2stages)


ご予約・問い 0351485001 キューバンカフェ
浜離宮パークサイドプレイス1F
大江戸線・築地市場駅1番出口・徒歩2分



*4/16(金)ドス・ソネス・デ・コラソネス in Tsuyoshi presents「ソン・サブロソン」at 池袋カリビアン・カフェ!
http://www.dancefan.net/


¥2.500-(w1d)
(レッスンを受ける方はレッスン·チャージに+1.000-)


21:00/22:00


Tel 03-3984-3966
東京都豊島区西池袋1-38-7MSビル5F


*4/17(土)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 鴨居プランタ・アルタ!
http://cafeplantaalta.com/


¥2.800-(w2d)

19:00〜

tel 045-935-1133 スペイン料理 プランタ・アルタ
神奈川県横浜市都筑区池辺町4456 2F
鴨居駅から徒歩7分。


ららぽーとへ続く道をひたすら進み、
道路の向こうにららぽーとが見えたら、
右上を見上げてください。
ミドリの看板に、豚のマークが目印です。


*4/22(木)ドス・ソネス・デ・コラソネス at 町田ミ・サルサ!
http://www.mi-salsa.net/

20:00/22:00

予約¥1.800+order
当日¥2.000+order
(with flyer ¥1.800 ) tel 0427323217 Mi Salsa
町田市森野1ー11ー9 ソーナビルB1F


*4/23(金)ドス・ソネス・デ・コラソネスpresents「ノーチェ・デル・メディオ」at築地キューバンカフェ!
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cubancafe2005


投げ銭(Only Tips!)


20:30~22:30(様子をみて三回程)


tel 0351485001 キューバンカフェ
浜離宮パークサイドプレイス1F
大江戸線・築地市場駅1番出口・徒歩2分

*4/24(土)SON四郎 at 藤沢インタープレイ!
http://www.h4.dion.ne.jp/~interp/


前売¥2.800-
当日¥3.300-


18:00Open
19:00 Live


SON四郎メンバー;
都筑章浩 パーカッション,コーラス,リーダー
Mucho 2nd ボーカル,トレス
小泉哲夫 ベイビーベース,コーラス
Makoto 1stボーカル,マイナーパーカッション

ご予約 0466244450 インタープレイ
藤沢市鵠沼石上1-7-1 ケインズタワー5F


*4/27(火)「キューバ凱旋帰国ライブ」ドス・ソネス・デ・コラソネス with 小泉哲夫b at 表参道プラッサ・オンゼ!
http://www.praca11.net/


¥2.700-(w1d)


20:00/21:40


tel 0334058015 プラッサオンゼ
銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅徒歩3~4分。
青山児童館はすむかい地下一階。


*4/30(金)ドス・ソネス・デ・コラソネスpresents「ノーチェ・デル・メディオ」at築地キューバンカフェ!
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/cubancafe2005


投げ銭(Only Tips!)


20:30~22:30(様子をみて三回程)


tel 0351485001 キューバンカフェ
浜離宮パークサイドプレイス1F
大江戸線・築地市場駅1番出口・徒歩2分
[PR]
by chekere | 2010-03-26 01:13 | '10/04スケジュール | Trackback | Comments(0)

ペリクラ/映画

a0103940_7542366.jpg


キューバ音楽のドキュメンタリー映画を目抜き通りの映画館に見に行きました。

夕方五時から1時間ちょっと。
キューバ国内ペソ(モネ-ダ·ナシオナル)で2ペソです。
ロス·バンバンというグループにスポットをあてています。
アメリカでグラミー賞も受賞したキューバ音楽を代表するグループです。


ドキュメンタリー形式のため 、
過去にグループに参加したメンバーや現在のメンバー、
そして彼らを囲む人々の想いが銀幕を通じてひしひしと伝わってきます。

映画を見ている人達も全員キューバ人、
各場面での反応がすごく自然で面白かったです。

映画に出ている知人も館内にいてそれも興味深かったです。
日本で上映されたらいいなあ、と願いました。
[PR]
by chekere | 2010-03-25 08:01 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

甘党

a0103940_8254553.jpg

昼下り、ウインドー·ショッピングをする人に加えご飯を食べる人達で通りは華やぎます。

幾つか出ている屋台の中で人気のあるのはソフト·クリーム屋でした。
[PR]
by chekere | 2010-03-24 08:30 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

吟遊詩人の街で

a0103940_7371011.jpg

48回目のトローバ国際音楽祭が日曜日に終わりました。
スペイン、フランス、ドミニカ共和国、そして日本。
海外から来た参加者もそれぞれ参加した意義を確かめながら帰途に就きます。

家庭料理をゆっくりと味わいながら、フェスティバルを振り返っています。


旧いものと新しいものが混じること。
とてもワクワクする瞬間です。

トローバが古き良き音楽なら、
ヌエバ·トローバとその先にあるコンテンポラリー、あるいはポップスに当たる音楽が交じったのが今回参加したフェスティバルだったと言えます。

たくさんの応援本当に有難うございました。
御蔭様で現地のオーディエンスにもたくさんの温かい声援と拍手を頂きました。
キューバ人は正直なのでつまらなければ家に帰ってしまう。
そんな環境で10年演奏続けてこられたのもひとえにこのブログへ日々アクセス下さるお一人お一人の応援の御蔭です。
この場を借りて心から感謝申し上げます。

a0103940_8201877.jpg
今この瞬間も、この街のどこかで新しい音楽が誰かの心に生まれているのを実感します。

道を行けばかならず音楽家に出逢う。
そんな街だからこそ感じられる嘘のような現実の感覚です。

引き続きトロバドール(吟遊詩人)の街より更新を続けます。
[PR]
by chekere | 2010-03-23 07:39 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

フェスティバル通信·4

a0103940_292583.jpg


日本から心配されてご連絡下さった皆さん、有難うございます。
御蔭様で現地は大丈夫です。ご安心下さい。

写真は土曜日の晩に街の中心にあるセスペデス公園で憩うサンティアゴの皆さん、
そして日曜の昼に同公園でルンバを楽しむ人たちです。
穏やかな週末をいつも以上に大切に味わっているようです。

さて、現地時間で日曜の晩こちらはフェスティバル最終日を 迎えます。
改めてフェスティバルの醍醐味を考えると、
それは街の人たちとのコラボレーションともいえます。

道路が封鎖されて人だかりができるとうわさが広まり、
それを確かめに次から次へと人が集まって盛り上がりは頂点に達します。

今回、実行委員長のエドゥアルド·ソーサ氏は
そんな古き良きトローバ全盛時代を今に再現しようと試みた気がします。

街のあちこちに響く物売りの声、
それらが次第にエレディア通りにプロ·アマ問わず
ミュージシャンとして集い日夜共に腕を競い合って過ごす。
そんな当時の風景を垣間見ることができました。

今夜はカサ·デ·ラ·トローバ夜の部でファミリア·バレラ·ミランダの皆さんと一緒させて頂きます。
a0103940_2231253.jpg
[PR]
by chekere | 2010-03-22 02:25 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(4)

フェスティバル通信 3

a0103940_1455164.jpg



フェスティバルも佳境に入ってきました。
現地時間で土曜の昼間、僕達は再びカサ·デ·ラ·トローバへ。

着いてみると大きなプロジェクターにトローバのドキュメンタリーが流されています。
サンティアゴ·デ·クーバを代表するレキント奏者で作曲家のアレハンドロ·アルメナーレス氏に捧げられた時間だったのです。




途中彼自身がプロジェクター脇で演奏し、現地のコーラス隊と美しいコラボレーションをする場面も。
トロバドールとしての彼の素晴らしさを再認識し、尊敬の念を新たにしました。

軽く二時間ほど遅れて始まったプログラムに合わせるように集まった観客に僕達も非常に好意的に受け入れられ四日目にして初のアンコールも頂きました。

決して演奏しやすいとはいえない現地のハードなフェスティバル環境の中、遠く日本から駆けつけて下さった皆さんの声援と現地の皆さんの拍手にやはり来てよかったと束の間胸をなでおろします。

出演出番を待つ合間を縫ってテレビのインタビュ-をひとつ終えました。

明日は千秋楽。今年のトローバ フェスティバルもあと少しです。




a0103940_1514264.jpg
[PR]
by chekere | 2010-03-21 08:23 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(3)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto