カテゴリ:フェスティバル通信2016( 10 )

東京はだいぶ桜が咲いているとの事。

通勤通学途中、少しでもお花見を楽しめますように。

今ハバナからトロントに来ています。

トランジットの待ち時間を利用して、キューバでの音楽祭の事を書き進めます。

2016年のトローバ国際音楽祭は3/20日曜日が最終日。

日本からのツアーの皆さんはギターリスト・ムーチョさんと共にハバナへ移動する日でもありました。
a0103940_01404738.jpg
ですので、少しでも演奏を聴いて頂けるよう午前中カサ・デ・ラ・トローバに一番早く出演させてもらいました。

同じ建物内に三ヶ所設けられた中で一番小さな会場ながら、古き良き時代のカサ・デ・ラ・トローバを再現した中に身を置くと、まいかい身の引き締まる思いがします。

a0103940_01441673.jpg
名だたる地元の演奏家が出演し、ビートルズのポールマッカートニー氏もいらしたという記事が残っています。

前日、体調不良から恐らくはほとんど何も食べられないまま過ごしたはずのムーチョさんは、演奏できると言って下さったのでした。

会場も、思いの外早く開けてもらえた上に朝早くにも関わらずたくさんの方々にお越し頂き感激しました。
a0103940_01464212.jpg

皆さんには、その場で掲載許可頂いています。

a0103940_01481637.jpg
前日演奏できなかった事も手伝って、いつも以上にデュオで出演できる幸せを噛み締めました。

a0103940_02112202.jpg
演奏中の写真を一枚。Sさん、ありがとうございます。

a0103940_02125448.jpg
僕達のステージは瞬く間に過ぎ、次々と地元のミュージシャンが歌い継いでいきます。
a0103940_02162650.jpg
短いながら、今年もいろいろあったトローバ国際音楽祭を終える事ができました。

この後は、サンティアゴでの最後の食事をして皆で空港へ向かいました。
a0103940_02202159.jpg
実は少し前に僕自身の事として書いたようなフライトの遅延がツアーの皆さんにも起こり、空港で6時間も待たなくてはならなかったそうです。

本当に申し訳ない事です。

ただ、一筋縄ではいかないキューバの旅をご一緒頂くと、一生の思い出になります。

心から、有難うございました。

[PR]
by chekere | 2016-03-25 01:32 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(1)
音楽祭は5日間で終わります。

とはいえ、毎回様々なエピソード満載の旅、今回も少し番外編として書きます。

四日目にはブエナビスタソシアルクラブの中心人物だったコンパイ・セグンドさんの御墓参りに行きました。
a0103940_13092560.jpg
演奏会場で簡単に説明する事はありますが、ブエナビスタはブエナ=よい、ビスタ=ながめ、つまり日本だと日の出町や富士見町といった丘の上か眺めのよい町に付けられた地名です。

ソシアルクラブはダンスホール。

つまり、キューバのダンスホールに流れていた古き良き時代の音楽を凝縮したCDプロジェクトの事と考えて下さればよいとおもいます。

コンパイ・セグンドさんはそのメンバーの中でも最高年齢のシンガーソングライターでご自身のオリジナルギター「アルモニコ」奏者でもありました。

90歳でグラミー賞を取って時の人となり、世界中を旅して96歳で亡くなった後は地元サンティアゴ・デ・クーバ市の墓地に眠っています。
a0103940_13212814.jpg
同じ墓地には世界的に知られるラム酒ブランドの創始者エミリオバカルディ氏のお墓や、キューバ革命を支えた思想家ホセ・マルティ氏のお墓もあります。

a0103940_13235870.jpg

それぞれ、撮影も許されているので念のため記しておきます。
a0103940_13253128.jpg

コンパイ・セグンドさんの御墓です。

a0103940_14301219.jpg
彼の書いた歌詞で象徴的なフレーズが金色の花をあしらったデザインと一緒に刻まれています。
a0103940_14324388.jpg
日本の墓地にも桜が咲く場所がありますが、こちらの墓地にも色鮮やかな花が咲いています。

a0103940_14351316.jpg

人生は今が花なんだ、というフレーズが腑に落ちる眺めです。

いつも彼の音楽から素晴らしいご縁を分けて頂いている事に心から感謝して祈りを捧げ、この日の演奏会場へ向かいました。

[PR]
by chekere | 2016-03-23 13:05 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(2)
音楽祭四日目の夜、アキーレスさんのコンサートでゲスト出演した後、セスペデス公園を抜けてエレディア通りの特設野外ステージに向かいました。
a0103940_11191421.jpg
観光のメッカである通りが封鎖され、ステージ前はもの凄い混雑の中結成40年という老舗グループが観客をあおり盛り上がっていました。
a0103940_11202873.jpg
知り合いに目で挨拶しながら見渡すと、みんな本当に楽しそうです。
a0103940_11244773.jpg
音楽祭は、予想もしない展開も愉しんだ者勝ちだと改めて思いました。
a0103940_11264949.jpg


アートディレクターにその場で出演出来ないことをお詫びし、事情を説明して分かってもらいホッとしたのもつかの間、野外ステージが終わると前の晩に教会を利用した会場で再会したセプテート・トゥルキーノにゲスト出演するよう誘われていたので真向かいにある会場へ上りました。
a0103940_11310985.jpg

カサ・デ・ラ・トローバ、と呼ばれるサンティアゴを代表する音楽の殿堂なのですが、は建物内に3つの演奏スペースを持っています。
a0103940_11280022.jpg
この夜は、二階にある「サロン・デ・ロス・グランデス」と呼ばれる会場で二部構成になっていました。

トゥルキーノは、来日経験もあり非常に親日のメンバーです。
a0103940_11322835.jpg
フロアで日本の皆さんが踊りだすと、嬉しそうに更にヒートアップしていきました。

リハーサルもないまま曲とキーだけ伝えられて一曲飛び入りすると勢いに乗って盛り上がりました。

日本だと数日前が春分の日でしたが、ヨーロッパから春休み中に旅をする観光客も沢山いてそれは賑やか。
a0103940_11331641.jpg
昨年町ができて500周年という記念のお祭りに沸いたことも手伝って、これまで以上に華やいだ雰囲気を感じました。


[PR]
by chekere | 2016-03-23 11:14 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
東京は少し気温が低めと聞いていますが、どうぞ佳い一日を。

こちらは、常夏の国キューバの東部地方、サンティアゴ・デ・クーバ市にいます。
a0103940_10204215.jpg
オバマ大統領の移動の影響を受け、6時間空港に足止めをくっていますが、せっかくできた時間に音楽祭のリポートを続けます。

トローバ国際音楽祭四日目は、思いがけずムーチョさんの体調不良により僕が一人でいくつかのイベントへゲスト出演する事になりました。

ムーチョさんのギターがハバナに入る行きのエアカナダのフライトでまさかのロストバゲージになり、そのフォローに追われた事がかなりの負担になったようです。

旅後半は持ち直し最終日は無事二人で公演出来た事を先に書いておきますので、どうかご安心ください。

夕方、地元のシンガーソングライター・ホセ・アキーレスさんの主催するイベントへ招待されゲスト出演しました。
a0103940_10251326.jpg

ヌエバトローバの巨匠、アウグスト・ブランカ氏やぺぺ・オルダス氏などそうそうたるメンバーがゲスト出演する中に唯一外国人アーティストとして呼んで頂き光栄です。
a0103940_10282669.jpg
左がアウグスト・ブランカ氏、右がぺぺ・オルダスさんです。

毎月第一土曜日開催の必ず満席になる人気の企画だそうで、この日も早くから会場前に行列ができていました。

a0103940_10273249.jpg
サウンドチェックを終えて、入場するとゆったりとした雰囲気で始まりました。

この段階で、僕は何を歌うか決まっていません。

a0103940_10311806.jpg
それにしても、市の施設だと思いますが中庭に据えられた野外ステージは日が暮れていくサンティアゴの夜空の趣も期せずして楽しめます。
a0103940_10330580.jpg
気温は、23から24度。柔らかな風もあり過ごしやすい夕べです。

時間がツアーの夕飯にかぶってしまったのと、イベントが3時間に渡る長い内容の為日本の皆さんには案内できずにいましたが、最後の方にアキーレスさんと一曲だけ共演のはずが、気付いたらダブル・アンコールで三曲も歌わせて頂きました。
a0103940_10373176.jpg
地元サンティアゴのトロバドーラ、グラディス・デル・モンテさんがマラカスを貸して下さり、トリを務めるソン・ユニット《エコス・デル・ティボリ》メンバーも飛び入り会場も手拍子で沸きました。

a0103940_10405893.jpg
ムーチョさんの体調を気にしながら二人で出演するはずだった近くの野外特設ステージへ向かう途中、セスペデス公園に面した市庁舎の白い壁を巨大スクリーンに見立ててライトアップされていたのは印象的でした。
a0103940_10435106.jpg
四日目の夜は、まだもう少し続きます。


[PR]
by chekere | 2016-03-23 10:10 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
ムーチョさんとのデュオ公演初日は、思いがけず素敵な環境で過ごす事が出来ました。

そして音楽祭3日目、3/18金曜日に僕達は教会をステージにした会場へ出演しました。
a0103940_03072431.jpg
サラ・ドローレスというその会場では過去に何度か演奏させて頂きましたが、毎回アコースティックな音楽を届けやすい理想の響きが魅力です。
a0103940_03084270.jpg
ツアー参加者皆さんはその日の朝からサンティアゴデクーバの隣・グアンタナモ州へ観光に行っているので、僕はその間を利用して午前中に芸術監督と打ち合わせしてきました。
a0103940_03094120.jpg
夜は念のためムーチョさんのギターだけサウンドチェックをしてすぐ本番です。

様々な演奏家が次々と出演するガラ・コンサートで、あっと言う間に過ぎましたがやはり楽しかった。

客席は常夏キューバには似合わず冷房がきいていて寒かったようですが、みなさんに雰囲気を気に入って頂けてホッとしています。
a0103940_03110587.jpg
一番最後に演奏したセプテート・トゥルキーノは、東京にハバナラカタンというダンスレビューで来日した事もある旧知の仲。僕のソロアルバムにも参加してくれたので久しぶりの再会を喜びました。
a0103940_03115537.jpg
音楽祭では様々な事が同時進行します。

あっと言う間に四日目になろうとしていました。

(続く)

[PR]
by chekere | 2016-03-23 00:16 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
先週の木曜日、音楽祭2日目には例年と少しだけ違うステージになりました。

ツアーの皆さんと観光を少し一緒させて頂いたあと、夜にムーチョさんと今年現地初ステージを踏んだのはカサ・デ・ラス・トラディシオネス。
a0103940_00074801.jpg
パステルカラーのペイントがまぶしい、でもトラディシオン=古き良き雰囲気を醸し出している店内に惹かれる方も多いガイドブックにも載る観光スポットです。
a0103940_00094110.jpg
地元が誇るファミリア・バレラ・ミランダが定期的に出演する場所へ伺ったのです。
a0103940_00104413.jpg
実は、音楽祭のステージには入っていない会場でした。

でも、滅多にない機会ですのでツアー参加者皆様にも、個人で旅をされている方にも案内差し上げて見に来て頂きました。

宿から少し離れた場所に足を運んで頂き、ただただ感謝申し上げます。

結果的に生演奏でしたが、非常に得難い時間を過ごす事が出来ました。
a0103940_00123119.jpg
昼間音楽祭実行委員会にも許可を得てありましたし、何よりローマ法皇の前でも演奏された国を代表するソン・ユニットと共演させて頂き光栄でした。
a0103940_00153038.jpg
今回だけ、サンティアゴを代表するソンの作曲家でレキント奏者のアレハンドロ・アルメナーレス氏もメンバーとして参加していた特別ステージは本当に贅沢。

ハバナに長期滞在中の写真家・板垣真理子さんも音楽祭に合わせていらしていて、旧知の演奏家と意気投合され飛び入りしました。

日本からも演奏家が何人も見に来ていて、僕達のデュオ・ステージにパーカッションの藤橋万記さんを呼び入れ共演もらいました。

音楽祭はそれぞれの会場で盛り上がり、中盤へとさしかかります。
a0103940_00190490.jpg
(続く)

[PR]
by chekere | 2016-03-22 23:59 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
日本から飛行機で18時間、キューバでの国際音楽祭の様子を書き留めます。

水曜日から始まった音楽祭2日目、木曜日の朝に日本からのツアー参加者皆さんとムーチョさんが現地に到着しました。

a0103940_09031189.jpg
ツアー参加者の皆さんは観光でモンカダ兵舎やモロ要塞を訪れます。

a0103940_09075756.jpg
音楽祭とは関係ないようで、キューバ音楽の題材に革命の事を歌った歌詞や、それより前のキューバの歴史を歌った内容もあるので面白いつながりがあります。

銃痕の残る兵舎の前はグランドになっていて炎天下の中地元の方々がサッカーをしています。

a0103940_13262580.jpg
国技は野球ですし、オバマ大統領の訪玖と合わせるようにメジャーリーガーの親善試合も行われるようですが、いまキューバではサッカーがかなり人気との事。

話は逸れましたが、ツアー参加者皆さんはこのような大型バスで移動します。
a0103940_13344984.jpg

ラム酒の博物館で葉巻やラム酒の試飲をしながらしばらくお土産を購入しますが、ここにも生演奏を楽しめるコーナーがあります。

a0103940_13372180.jpg
飲みながら聴くも良し、踊りながら愉しむもよし。

a0103940_13383968.jpg
どれもキューバ音楽に欠かせない素材です。

昼食は、カリブ海を眺めながら。
a0103940_13401780.jpg
ハバナにはない、サンティアゴならではの景色も見所です。
a0103940_13414527.jpg
ビートルズのポール・マッカートニー氏も訪れたというレストランです。

a0103940_13432154.jpg
ここでも素晴らしいトリオの生演奏を愉しむことができました。

街の歴史や文化、さらには自然に触れながら少しずつ音楽祭へ近づいていきます。
(続く)

[PR]
by chekere | 2016-03-22 13:46 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
今日も佳い一日をお過ごし下さい。

遅ればせながら、水曜日から始まったキューバの東部地方での国際音楽祭の事を引き続き少しずつ報告差し上げます。

3/16水曜日、自分の出演を終えて開会コンサートの会場を見に行きました。
a0103940_12530779.jpg

今年も野外ステージで、開放感溢れる借景はエミリオ・バカルディ博物館。

世界的に知られるラム酒ブランド「バカルディ」生みの親の博物館エントランスを借り切っての舞台は、テレビカメラも入り満席です。

a0103940_13130364.jpg
訪れる毎に知り合いも増え、テレビ関係者や出演者と挨拶を交わす間にも美しいアカペラ・ラテン・コーラスがカリブの夜空に響き渡ります。

ギター1本で奏でるトローバ(アコースティック・キューバ音楽の一ジャンル)に合わせて地元バレエ団のコラボレーションもありました。
a0103940_13014471.jpg
首都のハバナとはまたひと味もふた味も違う演出は、より芸術性を増しているように感じました。

途中小雨に降られて全てを見られないまま後にしましたが、初日から沢山の生演奏を五感で味わえる幸せに感謝した夜。瞬く間に過ぎたのでした。

(続く)

[PR]
by chekere | 2016-03-22 13:09 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
日本はもう月曜日ですね。

僕は、日曜日のキューバにいます。

a0103940_08180309.jpg
とうとうアメリカ合衆国のオバマ大統領がキューバを訪問しています。

少し音楽祭の話題を離れるかもしれませんが、日本からのツアー参加者皆さんを空港に見送りに来ると、空港職員の皆さんがいっせいに仕事の手を止めてテレビを見始めました。

a0103940_08214302.jpg
オバマ大統領の訪問の様子を放送していたのでした。

それでも、僕が今いるサンティアゴ・デ・クーバでは大統領のいらっしゃる首都ハバナから離れた東部地方にあるせいか、市民の皆さんいつも通り日常を過ごしています。

a0103940_08244217.jpg
水たまりで裸足で大盛り上がりの近所の子供達。

歴史的な出来事よりも猛烈な暑さをいかに楽しく過ごすかしか頭にないはずで、そんな様子を見ながら僕自身演奏会場へもはしごしていました。

いつもながらこじんまりしているようにみえてあまりに濃い内容のトローバ国際音楽祭、また少しずつ更新します。

今日も、佳い一日を。

[PR]
by chekere | 2016-03-21 08:12 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)
日本ではもう土曜日ですね。
どうぞ佳い週末をお過ごし下さい。

遅ればせながら、水曜日から始まったキューバの東部地方での国際音楽祭の事を書き留めて参ります。
a0103940_08301832.jpg
3/16水曜日、午前中から音楽祭のスケジュールは始まりました。

普段でも生音楽が溢れる街角は、いつにも増して賑わいます。

水曜の朝、音楽祭の実行委員と打ち合わせで彼等の本部へ行きました。

ちょうどカサ・デ・ラ・トローバの向かいのビルです。
a0103940_08323518.jpg
毎年状況は変わりますが、長く通うと実行委員の中で覚えて下さる方々もいて話が早く進み助かります。

今の中心メンバー皆さん素晴らしいチームワークで困難を乗り越えて音楽祭を形にしていかれます。
a0103940_08342161.jpg

日本の皆さんへ笑顔を頂きました。
(掲載許可頂いています。)

音楽祭を見に是非サンティアゴへいらして下さい、との事です。

お一人お一人のご厚意に支えて頂く事を実感します。

ギターリスト・ムーチョさんの到着が木曜日なので、水曜日はまずソリストとして現地のグループと共演させて頂く運びになりました。

ファミリア・バレラ・ミランダという、ご家族でキューバ音楽の歴史を支えていらしたご一家とです。
a0103940_08372427.jpg
様々なメンバー変更を経て今日に至るベテラン中のベテラン、キューバの音楽史を一家三代で支える素晴らしいマエストロ達に入れて頂くのは本当に光栄です。

スケジュールがタイトでリハーサルのないままでしたが、素晴らしい演奏家の生み出す音の波に乗って声は自然と前へ出ました。

次々と笑顔で踊り出す人々を見ながら、ダンス音楽に関われる幸せを噛み締めました。
a0103940_08393744.jpg
(つづく)


[PR]
by chekere | 2016-03-19 08:26 | フェスティバル通信2016 | Trackback | Comments(0)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto