マコト日記

chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。

ブログトップ

カテゴリ:フェスティバル通信2015( 9 )

3月後半にキューバで国際音楽祭へ招聘参加して参りましたが、

今年で続けて15年参加ということで現地で閉会コンサートの幕間に呼ばれて表彰頂きました。

a0103940_22182401.jpg

メッセージの大意を捉えると、「15年」という時間や「15回」という参加回数よりは、「文化功労賞」のような意味合いです。

直訳すると、純粋なキューバ音楽の発展に貢献することを称える、とあります。
感謝状という意味の方が正しいのでしょう。

宛名はギターリストmuchoさんと僕のデュオ「ドス・ソネス・デ・コラソネス」になっていますが、、

これはとりもなおさず、いつも支えてくれる両親、家族、友人、ご指導下さる先輩、慕ってくれる後輩、15年ご一緒下さる世界でただ一人のギターリスト・マエストロmuchoさんはじめ15年前に一緒にキューバへ行こうと誘って下さったクアトロ奏者・末永雄三さんと彼のグループ‘ソネス・デ・オリエンテ’メンバー皆さん、何より陰ひなたなく温かい応援を惜しみなく下さるお一人お一人への感謝状です。

皆さんへ心から御礼申し上げると同時に、遅ればせながら報告差し上げます。

本当に、ありがとうございます。

これからも、ささやかに心地よい音楽を届けることができるよう積み重ねて参ります。
a0103940_22330587.jpg
【ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones】

ギターリスト&ボーカル mucho
ボーカル&マイナー・パーカッション Makoto

2001年結成、キューバのアコースティックな音楽を演奏する日本人デュオ。
結成年からキューバ共和国の革命後最も歴史あるトローバ国際音楽祭へ招聘され、2015年まで続けて15年公演を行う。
現地の国民、音楽家から確かな支持を受け、テレビ・ラジオ・新聞など各メディアでも好意的に取り上げられる。
国内でも、日本全国を精力的に演奏活動中。


補足;
デュオ活動のきっかけになったのは、キューバ家庭料理店ボデギータからの演奏依頼でした。生演奏できるデュオがいい、という。

当時、デュオ活動をしたことのなかった僕は、日本では珍しいキューバの弦楽器クアトロを演奏する末永雄三さんに誘われ、五人組ユニット‘ソネス・デ・オリエンテ’に所属していました。

15回のキューバ公演のうち、はじめの3~4回はそのユニットで渡航しています。

そこで共演して下さっていたギターリストmuchoさんへ相談差し上げたところ、二つ返事で快諾下さり今に至ります。

[PR]
by chekere | 2015-05-03 22:27 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
先月参加させて頂いたキューバの東部地方で行われた国際音楽祭のことを引き続き書き留めて参ります。

いよいよキューバでの国際音楽祭最終日のこと。

最終日は、現地でも名だたる演奏家が過去出演されている言わば音楽の殿堂へ出演させて頂きました。

「カサ・デ・ラ・トローバ」。
a0103940_13513291.jpg
小さい場所ですが、ここに出演させて頂けるのはどんな大きなホールへ出ることよりも名誉で、身の引き締まる想いがします。

前日夜遅くまで演奏会場で一緒下さった日本の皆さんも、眠い目をこすりながら駆けつけて下さいました。

会場いっぱいの、日本の皆さん。
a0103940_13545800.jpg
(掲載許可頂いています。)
東京、神奈川、千葉など普段演奏を数多く行う場所だけでなく、山梨、愛知、大阪、兵庫、佐賀、福岡、など日本全国様々な都道府県から参加頂いた他、メキシコからも駆けつけて下さいました。

しかも、お忙しい方ばかり。

こんなに沢山の方がこの地へ三月にお越し頂くことなど、15年前前は思いもしませんでした。

どんな時も隣で演奏下さっているmuchoさんへも、感謝の念が募ります。

短いステージの中に、さまざまな感謝を込めて無事終えることができました。

気付けば、ご自身の演奏順番を待つ現地の一流の演奏家皆さんも聴いて下さっています。
a0103940_13582992.jpg
静かな、そして音楽の神様が宿るというと信じられそうな空間に、生演奏のギターの音が響いて次の演奏家へとバトンが渡されて数百年。

そんな歴史を感じさせる厳かな日曜日の朝でした。

演奏後、素晴らしいトローバの演奏の続く隣の建物でも【デッシモ】と呼ばれるキューバの長唄のような珍しいステージが音楽祭と関わりなく行われていたので皆さんと見に行きました。

a0103940_14023329.jpg
天井の高いパティオ(中庭)にラウー(複弦6コースの弦楽器)やトレス(複弦3コースの弦楽器)がギターと共に心地よく響いていました。

a0103940_14223188.jpg
素晴らしい音楽を堪能したあと、ツアーの皆さんはしばらく街の中でお土産の購入や散策など思い思いに過ごされ、サンティアゴ・デ・クーバでの最後の昼食を召し上がり空港へと向かわれたのでした。

ツアーのお食事等気になる方もいらっしゃるとお察しします、こんな食事をできます。
a0103940_14253003.jpg
チーズを使った魚のお料理、グリーンバナナのフライやサフランライス添え。
a0103940_14263197.jpg
チキンのトマトソースベースの煮込みにモーロ(キューバのお赤飯のような炊き込みご飯)。

それぞれボリューム満点です。

それに、日本には未入荷のキューバ・ビール「クリスタル」。
a0103940_14283884.jpg
ご飯と相性よいようです。

僕は、取材や打ち合わせ等少しやることを残している関係であと数日サンティアゴで過ごします。

キューバでは、週末を家族で愉しむ一般市民の方が子供達を連れて公園へ遊びに来ています。
a0103940_14304203.jpg
街を夕陽が照らし、閉会コンサートの時間が近づきます。
a0103940_14333508.jpg

[PR]
by chekere | 2015-04-14 14:33 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
あっという間に四月の半ばにさしかかろうとしています。

忘れないうちに三月後半に歌いに伺ったキューバの国際音楽祭のことを書かせて頂きます。

キューバ共和国東部地方にある旧都サンティアゴ・デ・クーバ市にて行われた国際音楽祭も四日目に入ります。

日付でいうと3/21(土)、日本では春分の日でした。

サンティアゴでは日中40度に届こうかという暑い陽射し。

a0103940_23045853.jpg
暑さをものともせず、昼下がり街角では生演奏が響き渡ります。

a0103940_23121937.jpg
その後ろでは、更に野外特設ステージを準備中。

あらゆる街角へ音楽を。

いつも以上にサンティアゴは音楽に溢れます。

ツアー皆さんもそういった雰囲気を楽しみ、僕とmuchoさんのステージは夜にサロン・デル・ソンという室内の会場で行いました。

週末とあって通りは散策する地元の方で夜もにぎわいます。

a0103940_23160262.jpg
サロン・デル・ソンは、数年前に開いた比較的新しい音楽スポットですが、5~6人編成のダンサブルなバンドが演奏するのが常です。

今回は、前日に共演させて頂いたファミリア・バレラ・ミランダという素晴らしいグループが出演されることから、再度僕達も共演を願って出演が実現しました。

でも、僕にとってmuchoさんとのデュオ・ステージは何より意義深く短いながら非常に充実した時間でした。

会場はダンス・スペースも十分にありますが、やはりキューバらしいのは一度皆さん踊り始めるとあっという間にフロアーが埋まります。

ファミリア・バレラのステージで、皆さん踊る踊る!
a0103940_23172510.jpg
瞬く間にダンス・クラブのように。でも、バンドはライブ。DJではありません。

音楽祭の時でなくてもそれは贅沢な環境です。

この日は、地元の政府筋の方々も見えていたようで、カリブ海という意味では近隣のマルティニークからもお客様が見えていて片言のフランス語で挨拶をさせて頂いたら喜んで下さいました。

ツアーの皆さんも遅くまで応援に駆けつけて残って下さって本当に励みになりました。

次回は、いよいよ音楽祭最終日。

ハードスケジュールですが、午前中の出演です。

[PR]
by chekere | 2015-04-12 23:59 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
温かい応援有難うございました。

お蔭様で、今キューバから帰りました。
a0103940_17452494.jpg
メッセージには全て目を通し、現地でも大変励みになりました。

ネット事情が不便な関係で返信差し上げられておりませんが、今から一つずつ返信差し上げる予定です。

明日土曜日は神奈川県藤沢市、明後日日曜日は広島県広島市で公演があります。

沢山の御予約感謝致します。

まだ間に合うようです、御予約されると必ずお得ですので是非参加下さい。

お会いできること楽しみにしています。

関係者皆様、この度もお世話になりました。

来年の招聘もほぼ決まりましたので、また決まり次第報告差し上げます。

感謝を込めて。

[PR]
by chekere | 2015-03-27 17:45 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
あと少し、先週末の音楽祭のことを書かせて頂きます。

水曜日に始まった音楽祭は三日目、金曜日を迎えました。

日本からいらしたツアーの皆さんは昼間、音楽祭のあるサンティアゴ・デ・クーバ州の隣にあるグアンタナモ州へ行かれていました。

グアンタナモも音楽的に非常に豊かな土地で、チャングイやトゥンバ・フランセサなどサンティアゴでも見られるか見られないかといった珍しい音楽を楽しむことができます。

特にトゥンバ・フランセサはツアーで事前にコーディネイトしておかないと見られない、といわれています。

僕は打合せや取材等の為にサンティアゴに残り、過ごしていました。

常夏の街は、いつも鮮やかな色の壁が強い陽射しに映えています。
a0103940_185234.jpg


スケジュールをこなすうちにあっという間に夜になり、テラサ・マタモロスという会場へ演奏に向かいました。

音楽の殿堂、カサ・デ・ラ・トローバの向かいのビル屋上に最近できたばかりの会場で、サンティアゴの街を借景にそれは素敵な眺めの屋外ステージ。

a0103940_1162667.jpg

ここで、muchoさんと今回初演をドス・ソネス・デ・コラソネスとして行い、日本の皆さんにも聴いて頂くことができました。

見上げると星もよく見えます。

夕方になると、港から吹いてくる風が気持ちよく過ごし易い夕べでした。
a0103940_1173266.jpg

僕達の次に演奏されたのはファミリア・バレラ・ミランダ。

バレラ・ミランダ一家、という、その名の通り家族皆さんミュージシャンで一つのバンドを組んで三世代に渡りキューバ音楽の歴史を守り続けるご一家。

ローマ法王がキューバを訪れた際にもその御前で演奏されていらっしゃるすばらしい音楽に、今回もゲストで入れて頂きました。

一音目からグルーブするソンの最高峰の音楽に包まれる幸せは、未だうまく言葉にできません。

本当に、光栄でした。

ファミリア・バレラの後にまだバンドが出演しましたが、ピアニストこそいないもののティンバレスが入りモダンな音作りのソン・デル・トレスというユニット。
a0103940_11932.jpg

グラミー賞にもノミネートされたスーパー・ソン・ユニット、セプテート・サンティアゲーロの元リード・ボーカリストや、日本でもCDが発売されているグルーポ・ソナルテの元ボーカリストが参加し、今までにないモダンなサウンドの中素敵なボーカルで会場を沸かせていました。
a0103940_121117.jpg

音楽祭は、同時に何カ所でも演奏が行われているほか、音楽祭とは関わらない場所でもすばらしい演奏を楽しむことができるまたとない機会で、僕達の演奏会場のすぐ隣のホテル、カサ・グランダの屋上では、前述のセプテート・サンティアゲーロが会場一杯のお客様を盛り上げ踊らせていました。

音楽祭は、4日目も続きます。
[PR]
by chekere | 2015-03-24 01:39 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
更新が遅くなりました、日本では月曜日ですね。

どうぞ、佳い一週間を。

キューバで国際音楽祭に参加していることは先週からお伝えしていますが、2日目のことをまだお伝えできていませんでした。

2日目は、野外ステージに出演の可能性がありましたが、結果的に現地のリハーサルが遅れに遅れほとんどどなたもリハに現れず、僕の出演こそありませんでした。が、お蔭様で素晴らしい演奏家のステージを心おきなく楽しみ得るもの多い実り多い時間でした。

トローバという演奏スタイルは、日本で何かに喩えるのが難しいのですが、強いて申上げればフォークソング。

ヌエバ・トローバというスタイルもあり、これも誤解を恐れずに申上げればフォークソングとジャズやJ-POPほか様々な音楽要素の混じったものと言えます。

会場は、サンティアゴの港を見渡せる丘、ティボリ地区のクランデスティーナ博物館前の道路に設置された野外ステージ。

a0103940_0594317.jpg

灯りの少ない場所での写メールで、映りが悪くて見辛い点お詫び申し上げます。

ここに、地元を代表するアカペラ・コーラス・グループ;コロ・マドリガリスタ、同じく同市を代表するトローバ奏者シオマラ・ビダル嬢、10代の若者が集まったユニット;ソン・パラ・ティ、サンティアゴを代表するシンガーソングライター;ホセ・アキーレス氏、ハバナからシンガーソングライター:マルタ・カンポスさん、ペペ・オルダス氏、ニューエイジのキューバ音楽を担うシンガーソングライター;ウィリアム・ヴィバンコ氏、ラウル・トーレス氏。最後を締めるのはギターラス・イ・トロバドーレスというセプテート編成のソン・ユニットでした。
a0103940_0503250.jpg


a0103940_057469.jpg


a0103940_115093.jpg


a0103940_0464755.jpg

ステージは博物館のエントランス、階段部分も利用され、道路上に設けられたメインステージと各ユニット毎に分かれて演出されていました。

決して音響機材も人材も予算も整っている訳ではない現地で、いろいろな困難を乗り越えながら作り上げられるステージは奇跡的な瞬間の連続です。

数千人のホール・コンサートをいっぱいにしてしまうビッグ・ネームのアーティストのステージを、フェスティバルという名目で身近に感じられるのは至福の時。

港へ目を遣ると沢山の人家の灯りがゆらいで見えます。
見上げると、夜空にはいっぱいの星が瞬いていました。

成り行きで尊敬するホセ・アキーレス氏のステージへ飛び入りもさせて頂き、幸せな気持ちで会場を後にしました。

街中で続く音楽の宴は、三日目へと続きます。
[PR]
by chekere | 2015-03-23 05:32 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
日本では土曜日になった頃でしょうか。

桜が見頃の地域もだいぶ増えた頃と思います。
どうぞ、佳い週末を。

今、キューバで参加している国際音楽祭について少しずつ備忘録も兼ねて書き留めていきたいと思います。

音楽祭が始まって2日目、木曜日の昼間は打合せや日本からいらしたツアーの皆さん、ツアー以外でいらした皆さんと少しずつ交流しながら、やはり打合せを多めに過ごしました。

サンティアゴ・デ・クーバという街は比較的小さくて、どこへいくにもほぼ歩いて行ける距離内に演奏会場があります。

少しだけ話は逸れますが、3/19という日がこの音楽祭にとって開催時期を決めるのに大事な日付で、トローバと呼ばれる音楽ジャンル発祥の父とされるキューバのペペ・サンチェスという作曲家の誕生日なのです。

午前中、到着されたばかりのmuchoさん、ツアー皆さんとモンカダ兵舎という現地の史跡前でお会いした後、皆さんは観光頂き僕だけ墓地へと向かいました。

墓地は、青空の広がるそれは明るい場所です。
a0103940_12697.jpg

ここには、建国の父・ホセ・マルティのお墓や、世界的なラム酒ブランドとして名高いバカルディの生みの親エミリオ・バカルディ氏のお墓など著名人のお墓が沢山あります。

中でも、キューバ音楽史上重要な作曲家のお墓が沢山あり、例年通り今年も順番に献花をし、演奏家がそれぞれの作曲家にゆかりある曲を演奏して捧げるセレモニーへ参加したのでした。

音楽評論家リノ・ベタンコート氏もハバナから毎年お見えになって、こうした際に墓地に眠る著名な音楽家の幼少期からのエピソードを聞かせて下さるので、演奏する際とは違う点で非常に勉強になります。
a0103940_0405038.jpg

演奏も、グラミーにノミネートされるアーティスト達が、炎天下先達に敬意を込めて墓地を徒歩で移動しながら素晴らしい音楽を捧げていきます。

音楽を自分達の大事な文化財産として守り、発展させるたゆまない努力に毎回頭の下がる思いで伺っています。

さて、街に戻って打合せに向かう途中に幾つも演奏会場を通り過ぎ、前を通る度に呼び止めて下さる現地のミュージシャン皆さんと話します。

そして、皆さん元気である事、どなたかは入院されたり、もう会えなかったりする事、日々の変化を肌で感じ、こうして直にこの街と音楽に触れることのできる幸運に感謝の念が深まります。

夕方、2日目に出演するとすれば、リハーサルに様子をみて、できるなら出演します、と伝えた野外ステージへと向かいました。

それは、サンティアゴで有名な「パードレ・ピーコの階段」を上って右へ坂を進み、クランデスティーナ博物館の前の通り、エスプレナーダ・デ・ティボリという場所でした。

ティボリ、フランス人達が住み着いた土地でフランス語が語源の地名だそうです、と呼ばれる地域にある坂の上の通りを封鎖して特設野外ステージが組まれていたのです。
a0103940_038712.jpg

行くと、先に着いていたシンガーソングライター・ホセ・アキーレスさんがいらして再会を喜んで下さいました。

彼は四人の息子さんがいらして、一人は国際的に活躍されるクラシック・バレエ・ダンサー、一人は優秀なシェフ、そしてあと二人はやはり国際的に活躍される音楽家です。

音楽家の息子さんお二人とはご縁があって知り合い、特に末っ子になるアベリート君とはハバナでも一緒に遊んだり、彼がメキシコへ行ってからはメールをやりとりして交流が続いています。

ホセ・アキーレスさんは素晴らしい楽曲が政府にも認められ使用される他、若いシンガーソングライターを応援し育てる指導者としてもヌエバ・トローバと呼ばれるジャンルで重要な方ですが、何より僕は彼の歌声とギターと楽曲の美しさに毎回感動させられる一ファンとして再会できたのが嬉しかったのです。

キューバの音楽現場で機材が足りず音が出ないなど日常茶飯事で、昨日もたった五分のサウンドチェックの為にアキーレスさんは延々1時間以上もお待ちになっていらした関係で思いがけず沢山話しをさせて頂くことになりました。

こういったすばらしい音楽家をお待たせするような事が少しでも早く改善されるといいな、と願う一方で、尊敬する方と過ごせる貴重なひと時が訪れるのを心から感謝する気持ちと同時に湧いて少しだけ複雑な気持ちになります。

帰りに、ご自宅が近いこともあって御誘い頂き、奥様メルセデスさんにご挨拶した後キューバにある果物「タマリンド」のジュースをご馳走になりました。

汗をかきながら過ごしている日々、新鮮な果物の手作りジュースを飲めるのは涼を摂れる上何より贅沢です。

また夜にお会いする事を約束して、ご自宅を後にしたのでした。

少し長くなりましたので、2日目の夜実際のステージについては次の日記に改めます。

写真を載せたいですが、インターネットの環境がよくないので折りを見て試してみます。
[PR]
by chekere | 2015-03-21 02:31 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
トローバ国際音楽祭が水曜日から始まりました。

会場は、キューバ東部地方の中心都市、サンティアゴ・デ・クーバ市の街中(まちじゅう)にある演奏会場です。



ちょうど市の建設500周年に重なり、これまで出演していたキューバ音楽の殿堂「カサ・デ・ラ・トローバ」は、その建物の大半が改修中です。
a0103940_135110.jpg

初日、街の中央に位置するセスペデス公園は野外特設ステージが設けられ、首都のハバナからもアーティストが見えて演奏していました。

ウィリアム・ビバンコ、マルタ・カンポス、そしてペペ・オルダス。ヌエバ・トローバや新しい時代のキューバを代表するシンガーソングライターが集まる、音楽家にとってもとても刺激的なお祭りです。

「トローバ」というのは、「マンボ」「チャチャチャ」といったキューバ音楽のジャンルのひとつ、と考えて頂ければ間違いないと思います。

日本だと、分かり易いところでフォークソング。ただ、その域に収まらない斬新なスタイルの音楽を追い求めるアーティストが常に交流を続けるジャンルとして、非常に魅力があります。

僕は今回、日本人ギターリストmucho(ムーチョ;ニックネームです!)さんとデュオで参加します。

元々首都だったサンティアゴは、古くから音楽家が集い活躍した音楽の都として知られています。
ビートルズのポール・マッカートニー氏も訪れてニュースになったこともあります。

常に演奏家が真剣に音楽へ臨み、聴き手も本気になって楽しみよりよい音楽がライブの現場から
どんどん発展していった素晴らしい時代を垣間みることのできる素晴らしい時間と空間が広がります。

開会コンサートでは、最後にグラミー・ノミネートもされてヨーロッパをはじめ海外でも大人気のユニット、セプテート・サンティアゲーロの演奏で会場が一体感を増し、盛り上がって終わりました。

野外ということもあり、開放感に溢れ、皆さん思い思いに満ち足りた顔で帰っていかれましたが、音楽祭期間中は、様々な会場でひっきりなしにライブ演奏でトローバやソンを楽しめるので眠っている時間がない、という嬉しい悲鳴をいらした皆さんからよく伺います。

2日目の今日、日本時間ではもう日付が変わってしまいましたが、木曜日朝にはギターリストmuchoさんと音楽祭をご覧になるツアーの皆さんが日本から到着しました。

早ければ夕方から演奏に入ります。

僕は、会場で打合せの為そろそろ移動します。

それでは、また。
[PR]
by chekere | 2015-03-20 00:56 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)
日本では桜がそろそろ見頃の場所も増えていると思います。

僕は、今、キューバの東部地方、サンティアゴ・デ・クーバ市に来ています。

a0103940_23263995.jpg


日中が、この時期で40℃近くになる時もある、まさに常夏の街角です。

ここは、キューバへスペインが入植してから最も古く造られた街のひとつ。

1515年にできてから、今年で500周年を迎えます。

記念の年に辺り、7月に向けて街のあちこちで工事をしている様子を目にします。
a0103940_0192338.jpg

地元の方も週末に限らず散策されたり買い物を楽しむエンラマーダという目抜き通りでさえ、封鎖され7月まで旧い建物の改修工事をしています。
a0103940_23343311.jpg

首都のハバナより街の規模は小さくて、港へ続く道は坂が意外と急なのですが、それがかえって風情を感じる景色へ一層趣きを与えている気がします。


街の中は、観光客が増えるにつれて車やオートバイの往き来が増え、年々賑やかになりますが、それでも首都と比べるとかなりゆったりとした雰囲気です。

僕が参加しに来ている国際音楽祭は水曜日から始まっていて、こちらでは2日目の朝。

初日は、正規のプログラムに僕達のスケジュールはなくて、日本からいらしたお客様の中で今日帰られる方々が関西からわざわざ足を運んで下さったので、地元の素晴らしいミュージシャンの皆さんと一緒させて頂く‘飛び入り’だけしました。

音楽に携わっていて幸せなのは、言葉が分かっても分からなくても、曲を通じて会話できる愉しさは万国共通だということ。

そして、演奏家が幸せな様子は聴き手にも伝わり、昨日も随分とイレギュラーな飛び入りを許して頂いた上に会場皆さんも最後手拍子をしながら踊り歌い盛上げて下さったのでした。

話は変わり先程、現地時間で19日木曜日の午前7時半ですが、ギターリストmuchoさんと日本からのツアー参加者皆さんも無事サンティアゴへ到着しましたので、今日から演奏を始める心積もりをしています。

次の日記では、初日に見られた開会コンサートの様子をお伝えできればと思います。

では、またのちほど。
[PR]
by chekere | 2015-03-19 23:45 | フェスティバル通信2015 | Trackback | Comments(0)