マコト日記

chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。

ブログトップ

2017年 04月 04日 ( 3 )

広尾の夜おやつ

4/5水曜日の演奏会場カフェ・ラ・ビーダはキューバ料理レストラン。

常においしい料理メニューが改善、リニューアルされていくので目が離せません。

a0103940_23460687.jpg
季節限定メニューでチョコレート・プリンなど魅力的なデザートが目白押し。

その日によってあるものとないものもあるので気になります。
a0103940_05330408.jpg
このグアバ・パイはネイティヴのキューバ人がテイクアウトするのだとか。

グアバの甘酸っぱさとパイ生地のパリッとした歯応えがクセになります。

a0103940_05320924.jpg
まだ肌寒い季節にはホットチョコレートも。

もれなくチュロスも、と書きたいのですが、日によって無い日もあり運が良ければチュロスも付いてくる!という運試し的なデザート。

でも、僕はつい頼んでしまいます。
a0103940_05285416.jpg
ライス・プディング、スペイン語でアロスコンレチェもここだけでしか食べられない上品な味わい。

そして、今回はブニュエロが初登場です。

何なのか、僕の手元にまだ写真はありません、乞うご期待。

そう、僕たちの演奏もどうぞお見逃しなく。

⚫️4/5(水)広尾スプリング・キューバン・ナイト at カフェ・ラ・ビーダ東京!
http://cafelavida.tokyo/

2500円 オーダー別途

18:00 オープン

20:00 演奏スタート

出演者;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
ムーチョ (mUcho)ギター&ボーカル
マコト (Makoto)ボーカル&マイナーパーカッション

ご予約 03-3444-2525 カフェ・ラ・ビーダ
東京都渋谷区広尾5-2-26 M2ビル広尾B1F


a0103940_23402715.jpg
もちろん、モヒートも甘いですね。

水曜の晩は、広尾で最高の乾杯をしましょう。サルー!

[PR]
by chekere | 2017-04-04 21:43 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)
3月の半ばから後半にかけてカリブの島国キューバで国際音楽祭へ参加してきた事を忘れないうちに書き留めます。

3/19(日)、トローバ国際音楽祭と名付けられたイベントの2017年の最終日がやってきました。
a0103940_18094225.jpg
この日は、トローバというキューバ音楽で欠かせない大切な音楽ジャンル史上初の作品をつくった「トローバの父」と呼ばれるぺぺ・サンチェスさんの誕生日です。

彼の誕生日にちなんでトロバドール(トローバを演奏する人)の日と呼ばれます。
同時に、ぺぺさんの日、とも。

そして、この日はいつもいにしえの偉人達のお墓参りを音楽祭関係者皆でするセレモニーがあります。

a0103940_18412406.jpg
3/20付けの「フィデルさんのお墓参り」という日記で記したように、今は世界中から観光客が故フィデル・カストロ本国家評議会議長のお墓を訪れるシーズン。

たくさんの方々が長い列を作る中、音楽祭関係者はキューバ革命を支えた革命思想家ホセ・マルティさんのお墓を訪れた後に各演奏家の墓石を周ります。

a0103940_18422944.jpg

すぐ近くにあるフィデルさんのお墓がいかに簡素なものか分かります。

a0103940_18430128.jpg
ホセ・マルティさんの銅像は自らの墓石を見下ろすように据えられています。
a0103940_18441201.jpg
炎天下ですが、日傘をさす方は極々少数でお墓参りは続くのでした。
a0103940_18534247.jpg
先程書いた「ぺぺさんの日」にちなみ、サンティアゴ出身の作曲家・ギターリストであるぺぺ・バンデーラさんのお墓には実のお孫さんが歌を捧げます。

a0103940_19153205.jpg
素晴らしい歌声が墓地に響きます。
a0103940_19181045.jpg

次は、フランシスコ・レピラドさん、別名コンパイ・セグンドさん。
a0103940_19193674.jpg
ラテン・グラミーを受賞したサンティアゴを代表するソン・ユニット「セプテート・サンティアゲーロ」リーダー、フェルナンドさんほか、超多忙の演奏家達も参列し墓石にバラを捧げます。

その場の皆さんと共に、僕も彼の代表作「チャン・チャン」を墓標に向けて歌う役割を果たす事ができました。

ムーチョさんがツアー皆さんを見ていて下さる分、二人分、いいえ皆さんの分も一緒に気持ちを込めて歌わせて頂きました。


a0103940_19223756.jpg
彼の音楽のお蔭で、世界中の人とつながることが出来ます。

僕は別の年にハバナのホテル・ナシオナル内にある1930という年号が名前になっているサロン・ホールでグルーポ・コンパイ・セグンドとディナー・コンサートを共演させて頂いた経験があります。

コンパイさんがご逝去後、息子さんお二人の入って続けられているグループです。

a0103940_19251922.jpg
この写真だけ、ハバナのホテル・ナシオナルで撮ったエントランス写真です。

この時のことは、メンバーも覚えていて下さって今でも懐かしく会うと話をします。
有難い。本当にありがたいご縁です。

a0103940_20161626.jpg
当フェスティバルの名前になっている作曲家ぺぺ・サンチェスさんのお墓の前で、ご遺族と音楽評論家リノ・ベタンクール氏。

彼のタフネスには本当に頭が下がります。

暑い中ご苦労さまです、と話しかけたところ、暑さ?暑さなんて感じるかい?!と勢いよく返されました。

命がけでキューバ音楽を守るイベントに参加される彼の姿勢を目の当たりにし、敬虔な気持ちにさせられました。

a0103940_20193295.jpg
ベニート・アントニオ・フェルナンデス・オルティス氏、別名ニコ・サキートさんのお墓も。

前述のリノさんが、各演奏家にまつわるエピソードを墓石ごとに話して下さいます。

音楽の歴史を人が紡いでいく様子を肌で感じる厳かな、そして関われる事に言葉にはできない幸せを感じる行事です。

この日の夜には、とうとう閉会式コンサートへ。(つづく)

[PR]
by chekere | 2017-04-04 19:57 | フェスティバル通信2017 | Trackback | Comments(0)
3月のキューバでも、街角でたくさんのゲバラさんを見かけました。

a0103940_11495940.jpg
歩いていておもむろに目にするお土産物屋さん。

必ずひとつはチェ・ゲバラさんをモチーフにしたお土産品を見つける事ができます。

a0103940_11515713.jpg
サンティアゴからハバナに降り立ち、宿へ向かう途中にタクシーの中からのぞいた革命広場。

消灯前のビルのイルミネーションチェ・ゲバラさんとカミーロ・シエンフエゴスさんです。

知れば知るほど、孤高の革命家。

理想を求める厳格かつ不断の努力に惹かれ、憧れます。

[PR]
by chekere | 2017-04-04 11:47 | キューバ | Trackback | Comments(0)