マコト日記

chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。

ブログトップ

2017年 03月 31日 ( 1 )

佳い金曜日をお過ごし下さい。

僕は、先週までいたカリブ海の島国キューバでの音楽祭の出来事を引き続き書き留めます。

a0103940_02313153.jpg
綺麗にメンテナンスされたアメリカのクラシックカーが走るキューバ。
a0103940_02343046.jpg
その東部地方の中心都市サンティアゴ・デ・クーバ市に着いて初めての土曜日になりました。

現地時間で3/18のことです。
a0103940_02365798.jpg
朝から街角で素晴らしい生演奏の響く中、音楽堂のある前の通りは通行止めになり特設ステージが作られていました。

a0103940_02412609.jpg
スタッフ皆さんラム酒を飲みながら仕事するあたり、さすがです。
a0103940_02424894.jpg
この地ラム・ブランド、日本では決して飲めないのですが、今年に限り銀座のバーランプで四月以降僅かながら口にできます。余談まで。

さて、そんな和やかな雰囲気の土曜日ですが僕たちは滞在中唯一ダブルヘッダー(二カ所かけもちで演奏)する日でした。

a0103940_02472556.jpg
しかもその週の初めから寒冷前線の影響で雲も多くにわか雨にも降られる始末。

a0103940_02500097.jpg
加えてこの特設ステージともうあとひとつの会場も天井のない中庭だったので、午後から降り出した雨にあわや中止も考えられた不安定な状況で本番直前まで過ごしたのでした。
a0103940_02531834.jpg

音楽祭ツアーのお客様皆さんは「じゃあ、飲んで待とうか!」とばかりに向かいのバーで乾杯してハイテンションでいつ始まるとも分からないコンサートをお待ち下さる様子。

本当に、ありがとうございました。

結局雨は降り続いて、初めの中庭会場は椅子を中庭を囲む廊下のひさしの下に並べ変えて演奏を始めました。

a0103940_03020257.jpg
司会役でイベント主催者であるホスト・ミュージシャン、ホセ・アキーレス氏の代表作「もう一度四月に」「サンティアゴ生まれのあなたへ」(仮邦題)二曲続けて演奏されて後はゲストの演奏者を順番に迎えます。
a0103940_03074893.jpg
はじめに、帰省中だった大阪在住のジャセルくんとアヤさんのデュオ《X-corde》出演。

素敵なご夫婦であるだけでなく、互いを尊重し理解して切磋琢磨続けるアーティスト、本当に素晴らしいステージでした。

a0103940_03095109.jpg
続けてシエンフエゴス州から数年ぶりに遠征していらしたデュオ《アシ・ソン》。

お二人もまた長年連れ添うご夫婦である一方、類稀な才能を持つアーティストとしていつもながら心に沁み入る名演を届けていました。

a0103940_03124497.jpg
皆さんひさしの下で雨をしのぎながら、しかも100%スペイン語のコンサートですが純粋に音楽を愉しんで下さっていた様子。

a0103940_05495060.jpg
ヌエバ・トローバの巨匠、ぺぺ・オルダスさんも後半盛り上げてコンサートはクライマックスへ向かいます。

a0103940_06081627.jpg
ゲスト出演者にはこんな花束まで頂き感激です。

さて、ご覧の通りイベントはゲスト多数、長時間にわたる内容で雨で遅れもしました。

ツアー参加者皆さんはホテルでの夕飯もキャンセルしての参加です、途中で抜けて街で食事される方々もいらして僕たちも次のステージが本当に中止になるのか確認する為泣く泣く途中退席しました。
a0103940_06005547.jpg
お勧めのレストランで腹ごしらえ頂いている間、僕は次の会場へ確認に向かいました。

a0103940_06073170.jpg

(つづく)




[PR]
by chekere | 2017-03-31 02:26 | フェスティバル通信2017 | Trackback | Comments(0)