マコト日記

chekere.exblog.jp

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。

ブログトップ

2017年 03月 21日 ( 2 )

キューバの東部地方、サンティアゴデクーバ市で2017年3月15日水曜日に音楽祭が始まりました。

a0103940_09532606.jpg
少数精鋭のスタッフで進められるフェスティバルです、炎天下、そして時に雨がちな中準備が同時進行しています。

初日の午後に無事初演を終えて実行委員会事務所へ海外からの演奏家として登録に行くと、登録係が帰ってしまったので明日また来て下さいとの事。

慣れているので登録自体は慌てず翌日にしましたが、プログラムについて尋ねるとその日の夜に開会セレモニーで出演する事になっていました。

まだギターリスト・ムーチョさんがハバナにいる事を説明すると、誰かと共演して凌いだらどうかと提案されたのでその場で考えてみました。

答えは出ないので、一度よく考えてまた少し後、リハーサル時迄に誰かに直接交渉する事になりました。

よく考えたら無茶な事をとなるでしょうが、音楽祭は様々なハプニングがつきもので55年続いています。

僕も17年目になるので、それなりに信頼関係もできて経験も積み、ハプニングの中から素晴らしいコラボレーションも生まれる事を期待しつつ過ごしました。
a0103940_10075333.jpg
途中雨が降ったかもしれません、でもリハーサル時には止んで少し早めに会場入りしました。
a0103940_10084698.jpg
出演予定の演奏家が集まる中、尊敬するギターリスト・ガビーノ・ハルディーネスさんがいらしていて思い切って直談判してみると思いがけず快諾下さいました。
a0103940_10100426.jpg
数々の名演奏を見ているだけに感無量です。

その場でキーを伝えて進行を確認するとすぐ本番。

でも、本番3分前で出番がもうあとひとつ遅れます。

1分前でさらにあとひとつ待つ事に。
a0103940_10105736.jpg
シエンフエゴス州から久しぶりに参加するデュオ、アシソンの名演奏を聴きながら出番を待ちます。

ドキドキしますが不安はありません。

トローバのスタンダードでかつフェスティバルに縁ある二曲を無事歌い終える事ができました。
a0103940_10165443.jpg
オープンエリアにいっぱいのお客様とのひと時は、瞬く間に過ぎていったのでした。



[PR]
by chekere | 2017-03-21 09:50 | フェスティバル通信2017 | Trackback | Comments(0)

フェスティバル通信2017

佳い火曜日をお過ごし下さい。

僕はまだサンティアゴ・デ・クーバにいます。

a0103940_08465113.jpg
一週間前になりますが、3/15水曜日にトローバ国際音楽祭が始まりました。

まず海外からの出演者として実行委員会事務所へ登録に行こうとしたら、いつもながら慌ただしく1番目の演奏会場にカサ・デ・ラ・トローバへ向かう事になりました。

a0103940_08511210.jpg
現地のグループ、ファミリア・バレラ・ミランダと初日の昼の部に共演させて頂く事になったのです。

彼等はキューバのアコースティック音楽「ソン」「トローバ」を家族3代に渡って支える現地の演奏家の間でも至宝とされるグループ。
a0103940_09322482.jpg
その音に触れられるだけでも幸せです。

共演予定のギターリスト・ムーチョさんはまだこの日ハバナにいる関係で、僕はゲストボーカリストとして一人参加しました。

リハーサルこそありませんが、昨年もその前も10年以上一緒させて頂いている事と会場の皆さんの手拍子や笑顔に支えられて無事終えることができました。



[PR]
by chekere | 2017-03-21 08:43 | フェスティバル通信2017 | Trackback | Comments(0)