ソンの揺りかご

キューバ音楽ソンを演奏すると必ず辿り着く街、サンティアゴ・デ・クーバ。

a0103940_3242731.jpg

1515年に造られたキューバで最も旧いこの街では、
子供の時からソンが家や通りに響き渡り、親から子供へ踊りや歌が自然に引継がれていく。
‘ソンの揺りかご’と街が喩えられる所以です。

毎年3月に、‘ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ’で世界的にで知られるエリアデス・オチョア氏が名誉実行委員長になってソンやその更に原型であるトローバに焦点をあてた国際音楽祭が開催されます。



a0103940_3262823.jpg

‘もしコブレに行ったら’と歌にも出てくるように、
サンティアゴ郊外のコブレという土地には
黒いマリア様を飾った教会があり全国から参拝者が訪れます。
a0103940_3271928.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/9390528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoko de torino at 2009-12-09 06:42 x
サンティアゴ・デ・クーバはキューバの伝統そのものがいまも続いていて、夏に訪れたキューバの街で一番気に入った場所。”マニャーナ”と、私が何気なく会話の中で発した言葉に、そこにいたSantiagueraから”あらまっ!まるでサンティアゴの人のような発音だわ!”と言われびっくり。
サンティアゴの人々はとても温かかったです。
Commented by chekere at 2009-12-09 20:13
yoko de torinoさん;
そうでしたか。ここでエピソードを伺えて嬉しいです。
東部地方では一番観光地化された街でしょうが、
行くべき場所に行けばyokoさんのような温かい人との出会いがある場所ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2009-12-09 03:30 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto
カレンダー