フェスティバル通信:マタモロソン

フェスティバルもあと数時間で終わろうとしています。

昨夜カサデラトローバでの出番を終えてからソネーロスデカマーチョの演奏会場へ走りました。アダルベルトアルバレスさんのお父さんのグループで、カマグウェイからいらしているのでサンティアゴでは二年半ぶりにお目にかかりました。カマグウェイは優れた音楽家をたくさん排出する州で是非行きたい場所です。

その後サロンデルソンで演奏予定のパッチョアマット氏に会いに行きますが残念ながら演奏中止。お目にかかれずカサデラトローバに戻り、飛入りでゲスト出演させて頂き終演すると帰宅したのは2時でした。

ただ、スールカリベというグループを見たくてもう一度野外会場へ出直しました。残念ながら今回は来ていないようでいくつか会場を見てまわる中でユムリイススエルマノスの演奏を見ることができました。

彼らのステージは午前4時を回ってヒートアップ。
5時になっても終わる気配を見せませんでした。
スケジュールは詰まりに詰まりますが、
フェスティバルの醍醐味を満喫しています。

最終日になる本日は、午前にカサデラトローバでファミリアバレラミランダと最後の演奏をさせて頂き、午後にハバナのラジオ局ラジオプログレッソの生放送でインタビューを終えたところです。

現地に駆けつけてくださったお客様、日本だけでなくほかの国からもこの拙いブログにアクセスと温かいメッセージをお寄せ頂いたと御蔭で無事出演予定を終えることができました。

本当に有難うございました。
[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/8145054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by chekere | 2009-04-06 08:05 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(0)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto