フェスティバル通信:マタモロソン

a0103940_7492961.jpg

フェスティバル三日目です。

昨夜は街の端と端にある野外ステージを行ったり来たりしながらこのフェスティバルの贅沢さを改めて実感していました。

初めに行ったのはマルティンとサンペドロにある野外ステージ。
フランスから帰ったばかりのティブロンモラレス氏率いるソン14を見に行きました。
グループはメンバーチェンジを繰り返し今はほとんどが20代から30代の若手。
それでもティブロンという名前と彼のカリスマ性に人は集まります。
いくつもの引き出しを持って観客と自在にやり取りする若手らしいステージを堪能しながら、途中紹介いただいたので飛入りで少し歌い、あとはステージ脇でメンバーの臨機応変なコミュニケーションと音楽を楽しみ最後はバヤモエンコーチェを演奏して終わりました。
その時点で深夜一時近くだったので一旦帰りましたが、着替えて再度別の野外会場へ。

ここでは一時を回ってようやくプッピィイロスケソンソンという人気グループの登場です。
野外ステージでは、10人超のメンバーを抱える大編成グループがダンサブルな曲を演奏し続けるのが人気で、無料であることも加えて地元の人が一体を埋め尽くすほど集まります。
この日出直したカレテーラデモーロという通りを封鎖した野外ステージも既に人がいっぱいで遠くから眺めるにとどまりました。
ふと思い立って先程のマルティンへ戻るとちょうどエリオレベイスチャランゴンが始まったところでした。
ソン14の演奏時より何倍も観客が増え、それを煽るように演奏は一曲また一曲と盛り上がります。
演奏終了すると午前3時近く。
通りは朝まで踊り明かす人で賑わうのでした。

僕は今からカサデラトローバでファミリアバレラミランダと共演します。

写真は前日のマルティ劇場にて。
[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/8137517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リンダ♪ at 2009-04-05 01:13 x
あ~ん(>_<)
凄く豪華!やっぱり残れば良かったぁ~(:_;)
ともちゃんの涙に後ろ髪ひかれながら帰国したけど、あれからともちゃんのことが気になって仕方ありません。
逞しく過ごしてるかな~?
Commented by chekere at 2009-04-26 11:46
リンダ♪さん;
キューバでお会いできて嬉しかったです。
素敵な笑顔を有難うございました。
Tomomitaはお蔭様でとても成長しました。
これから先輩を乗り越えて活躍していく一人です。
本人頑張りますので
日本で会ったら是非声をかけてやって下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2009-04-04 07:49 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)