オリエンテの朝

3月の旅のことを少し書きます。

サンティアゴ・デ・クーバはキューバ第二の文化都市といいながら首都のハバナと比べこじんまりした街です。

この街では一週間の流れがとてもはっきりしています。

みんな週末をそれは楽しみにしています。
金曜日の夜はみんなそわそわしています。
土曜日は目抜き通りを中心に家族や恋人で散策を楽しみ、
日曜日はお店自体も午後早くに閉まるので皆家でのんびり過ごし、
月曜日は通りに喧噪が戻りまた平日に戻った実感が沸きます。

僕がいつも泊まる宿の近くには市民オーケストラのリハーサル会場があり、月曜の朝はいつにも増して元気な音が早朝開け放った窓を抜け街中に響いています。

その音でいつも目が覚めます。

最近バイクに乗って街を徘徊する若者が以前より目立つようになりました。
彼らは恐らく同じルートを回っているのでしょう。一日に何度か見かけます。
そういえば街に若者の集う大きな娯楽施設もないなあ、と思うに至りました。
フェスティバルの時期、オープンスペースに野外ステージが作られるとやはり街の人も興味津々ですし、この街に音楽のない風景はやはり考えられません。

a0103940_11324899.jpg
a0103940_12244917.jpga0103940_12255442.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/6989703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mexmiyuki at 2008-04-11 22:25 x
サンティアーゴ、行ったことがないけれど、その魅力はさんざんいたちゃんに聞いているので、行ってみたい気持ちがいつもあります。

お隣メキシコも平日と週末の生活がはっきり違います。
子供たちも「日曜日は家族と過ごす日」と言っていて(高校生や大学生たちまで)、週末はおじいちゃん、おばあちゃんの家に行ったり、家族で食事に行ったり。
そういう時間が大切にされています。

平日の夜は、繁華街でも10時すぎは人通りがほとんどありません。早くねて、翌日に備えます。

そのかわり、週末は寝ないで遊ぶ。
少し遠出をする。
メリハリのある生活。
キューバの生活に通じるところがあるかな?

写真の果物にマメイがある。
Commented by chekere at 2008-04-12 01:09
mexmiyukiさん;
行かれたらきっと合う場所だと感じられるはずです。
海沿いですから空気が濃く過ごし易いですよ。

メキシコも家族を大切にする国民性なのですね。
子供達が「家族と過ごす日」と言えるなんてすごい!
それをすごいと褒める僕が恥ずかしがるべきですね。
日本も日曜日の公園に行くと家族連れで出かける様子をよくみかけます。
そういう時間が安心してとれる社会作りをどの国も最も競って欲しいですね。

マメイに気付いて頂いて嬉しいです!
日本では馴染みの薄い果物で、話題にのぼることは滅多にありません。
次回どこかでバティード・デ・マメイを載せようと思います。
by chekere | 2008-04-09 11:52 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(2)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto