柔らかな雨に深呼吸して

お仕事の方もお休みの方も佳い連休をお過ごし下さい。

土曜日は東京京橋エドグランへご来場ありがとうございました。

a0103940_13203728.jpeg
柔らかな陽射しの午後、表で和む人もいて都心はいつもより暖かい印象です。

a0103940_13212703.jpeg
京橋駅の真上に建つビル、エドグランが一年かけて取り組む週末のライブイベント、ライブクロッシングにギターリストmUchoさんとゲストにフルート奏者・松原由紀子さんを迎えてトリオで出演しました。

a0103940_13244328.jpeg
ビルの一階から地階へ続く大階段とエスカレーターの間をコンサートスペースにした半野外の会場ですから、寒い冬に人は集まらないだろうと思いきや、開演前から席を取りにいらして下さる人までいて、感激しました。
a0103940_13255759.jpeg
お席の埋まった開演前は僕たちが慌ただしくて客席の写真を撮ることこそ出来ませんでしたが、始まると子供さんたちが満面の笑みでステージ前を勢いよく走り出し、カナダほか海外からの観光客も踊り出し、それは楽しい幸せなひと時になりました。
a0103940_13322614.jpeg
初めての方との出会いは勿論のこと、久しぶりの再会を懐かしむお客様もいらして嬉しかった。いつもより暖かいとはいえ、やはり冬ですから終演後寒いのに最後まで残って下さって笑顔を一枚。
a0103940_13335437.jpeg
お兄ちゃんが僕も!と駆け寄ってきて大人は目をつぶってしまったような勢いの一枚をもう一回パシャっと。

親御さんに掲載許可頂きました。

a0103940_13293337.jpeg
一年前も温かく見守って下さった京橋エドグラン北原理事長、一階にテナントで展開中の人気レストランぐりるてるの渡辺社長、彼等にご縁を運んで下さったN様、そして現場を創る鈴木重美さんほかスタッフ皆さんお蔭様もあって今回も無事終える事ができました。

お蔭様で次回は7/14土曜日、同じトリオで演奏させて頂ける運びになりました。

演奏前に伺ったぐりるてるでのナポリタン、アルデンテで美味しくてみんなで瞬く間に完食しました。
a0103940_13522344.jpeg
僕が昨年末から担当させて頂いている《縁カレッジ》というエドグラン限定・特別カルチャースクール「キューバ学」の受講生も今回非常に高いモチベーションでライブに飛び入りする講座の付録特典を満喫されステージに華を添えて下さいました。
a0103940_13480561.jpeg
次回キューバ学は2/14水曜日、全6回を受講しなくても一回から一部受講可能となりましたので、この機会にご興味湧いた方は是非気軽に事務局までお問い合わせ下さい。

⚫️2/14(水)縁カレッジ「第二回キューバ学」at 東京・京橋エドグラン!

定員

15名

参加費

25,920円(24,000円 + 消費税 1,920円)(6回分)

※一回だけ受講希望の方、お問い合わせ下さい。
※この講座は京橋エドグラン就業者割引に対象になっております。
京橋エドグラン就業者の方
22,032円(20,400円 + 消費税1,632円)
就業者に該当する方は就業者割引金額をお振込みください。
講座当日は就業者を証明するものをご持参願います。尚、ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

スケジュール

全6回 19:00 - 20:30 | 受付開始 18:30

1回目 2017/12/13(水) キューバについて/オリエンテーション
2回目2018/1/10(水) 音楽のルーツを学ぶ/ソングレッスン
3回目2018/2/14(水) キューバの歴史(革命からチェゲバラの足跡を学ぶ)/ソングレッスン
4回目2018/3/7(水) キューバの旅について/ソングレッスン
5回目2018/4/11(水) ライブのためのオール・ソングス レッスン
6回目2018/5/9(水) ライブのためのオール・ソングス レッスン

⚫️7/14(土)京橋エドグラン・ライブクロッシング「ドス・ソネス・デ・コラソネスwith松原由紀子fl.」(予定)

夜、帰り際には雨が降っていて空気が潤う中に深呼吸すると次の季節の匂いがしました。

[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/238316444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2018-02-11 13:18 | 演奏予定 | Trackback | Comments(0)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto