マタモロソン通信2011

現地からの情報によれば、ガラ・コンサートはサンティアゴ・デ・クーバ市内だけでもエレディア劇場とセスペデス公園の野外特設ステージと二つに分かれて行われ、名誉実行委員長アダルベルト・アルバレス氏率いるアダルベルト・イス・ソンの演奏も市民が目の前で楽しめた様子。
a0103940_16383750.jpg

写真は、2006年10月のマタモロソン時のセスペデス公園。
この年にはオマーラ・ポルトゥオンドさんがここで公演されました。

今年はハバナの巨大音楽見本市「クバディスコ」と連動している関係で、キューバの誇るラテンアメリカ最大級の劇場、テアトロ・カール・マルクスでも同時開催され、演奏側への参加は学生まで含まれ正にソンの歴史と発展に貢献する近年稀に見る1大イベントになっているようです。
a0103940_16425221.jpg

この写真のステージは2009年4月のマタモロソンでのエレディア劇場。
数千人規模の観客収容施設で、
この時はオルケスタ・アラゴンとエストレージャス・デ・チャランガの共演。

昨日日本からの観光グループも出発しましたが、
ソンの歴史や魅力はフェスティバルのニュースや大ステージに現れるだけでなく、
街のいたるところにあります。
是非その音楽を育んだ景色の中をご自身で歩いてみて下さい。

僕のブログまでアクセス下さるラテン好きなご自身のルーツ探しの旅になるかもしれません。

音楽祭は、22日曜日迄続きます。
[PR]
トラックバックURL : http://chekere.exblog.jp/tb/12601780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-06-01 00:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chekere | 2011-05-18 16:46 | サンティアゴ・デ・クーバ | Trackback | Comments(1)

キューバ音楽を歌うMakotoの日記です。


by Makoto